新じゃが

新じゃががわかる!その魅力とは

新じゃがには、どんな魅力があるのでしょうか。
新じゃがの魅力は、皮が薄く、身がみずみずしいだけでなく、身が柔らかいという事だと言われています。
そもそも新じゃがとは、春のほんのわずかな時期にのみ販売されるジャガイモの種類で、冬に収穫されるジャガイモよりも、皮が薄く、身がみずみずしいという特徴があります。
また、身が柔らかく、新じゃが独特のシャキシャキ感もあり、栄養素も高いのが、大きな魅力だと言えるでしょう。
というのも、普通のジャガイモは収穫後に一定期間保存してから、販売されるのですが、新じゃがは、その保存期間がないため、その分、ビタミンCの量が多く、風味も強いと言われています。

新じゃがの栄養と効能

新じゃがには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
新じゃがは、リンゴの10倍のビタミンCを含んでいる野菜です。
普通のジャガイモは、収穫後に、ジャガイモを涼しい場所で保管してから出荷するのですが、新じゃがの場合には、この保存期間が無く、収穫後すぐに出荷されるため、新じゃがに含まれるビタミンCの量も多いのです。
そして、新じゃがに含まれるナイアシンは、糖質、資質の代謝を良くするのに効果的で、日常的に安定した量を摂取する事で、皮膚炎、口内炎、下痢の解消にも役立つと言えるでしょう。
特に、新じゃがは、季節物の野菜ですから、その時期に食べるのが一番栄養価が高いと言われています。

新じゃがのカロリー

新じゃがのカロリーは、どのくらいなのでしょうか。
新じゃがのカロリーは、100gあたり、70カロリーほどだと言われています。
普通のジャガイモに比べると、若干カロリーが少ないのは、春の新じゃがの方が、水分量が多く、みずみずしい為だと言えるでしょう。
また、「ダイエットには、カロリーが高い食べ物はタブー」と言われる事もあるのですが、新じゃがの場合には、カロリーがあっても、その分、ビタミンCの量も多いですし、お腹にも溜まりやすいので、デトックススープの材料にもよく使われています。
むしろ、ダイエットに良くないのは、ジャガイモそのものよりも、そこにトッピングするマヨネーズやバターだと言えるでしょう。

おいしい新じゃがの見分け方

新じゃがのおいしさは、どこで見分ければ良いのでしょうか。
春の時期になると、新じゃがと言う名前で、スーパーなどにも販売されている為、普通のじゃがいもと新じゃがを間違える事は、ほとんど無いのですが、新じゃがの中でも、鮮度を見極める事は大切です。
例えば、新じゃがを持った時にずっしりと重みがあるものは、水分量が多く、調理すると、ホクホクに仕上がると言われています。
すでに芽がでている物や、皮が緑色に変色している物は、育ちすぎか、保存状態が良くなかったという証拠なので、食べても問題はありませんが、風味は少し劣ると言えるでしょう。
そして、表面に傷があるものは、いたみやすくなっているので、出来るだけ避けた方が良いそうです。

新じゃがの価格の目安

新じゃがの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、購入する量や、新じゃがのサイズによっても異なります。
まず、新じゃがは、北海道の農家さんから、ネット通販で直接購入する事が出来ますが、その量は、3キロ入り~など多くなるので、必然的に価格も高くなります。
その為、新じゃがのLサイズ、5キロ入りの場合には、1900円~2500円ほどが相場だと言えるでしょう。
もちろん、この価格も、1度に購入する量が多くなれば、その分割安になりますし、他の野菜も合わせて購入すれば、送料が無料になる事も多いので、まとめ買いをする家庭にはオススメです。

新じゃがの有名産地

新じゃがの産地は、どこでしょうか。
新じゃがは、春頃に収穫されるジャガイモの事で、主に鹿児島、長崎県、千葉県、茨城県での栽培が多いと言われています。
ジャガイモの産地として有名なのは、北海道なのですが、北海道は、主に冬にジャガイモを出荷する事が多く、収穫時期も7月~11月頃なので、新じゃがと呼ばれる春の時期の収穫は、ほとんどしていないのです。
一般のスーパーでは、様々な産地の新じゃがが販売されていますが、やはり「ジャガイモと言えば、北海道」というイメージがあるせいか、他の県の新じゃがよりも、北海道産の商品の方が、人気が高い傾向があると言われています。

新じゃがの種類

新じゃがとは、どんな種類のジャガイモなのでしょうか。
ジャガイモには、男爵、メークイン、北あかり、インカのめざめ、とうやなど、様々な種類がありますが、新じゃがは、品種の名前ではなく、収穫される時期によって、呼ばれるジャガイモの名前です。
新じゃがというのは、冬に植え付けたジャガイモを、春頃に収穫した物で、普通のジャガイモに比べると、みずみずしく、さくさくとした食感が楽しめると言われています。
そして、新じゃがは、収穫後に寝かせる期間が無いため、栄養価も高く、皮も薄く、剥きやすいので、茹でただけでも、食べやすい種類だと言えるでしょう。

新じゃがの保存方法

新じゃがは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
新じゃがは、普通のジャガイモと違って、収穫後に保存期間を経ていない新鮮なジャガイモなので、購入後も、出来るだけ早めに食べきるのが良いと言われています。
新じゃがでも、時間が経つと、芽が出てきてしまいますし、日が当たりすぎると、皮が緑色に変色して、風味が落ちてしまいますから、出来れば1週間以内に調理出来るのが良いそうです。
ただ、、長期保存する場合には、生の新じゃがではなく、一度堅めに茹でてからラップなどに包んで、冷凍庫に入れれば、使う時にそのままレンジにいれれば良いだけなので、一人暮らしの方にも、オススメの方法だと言えるでしょう。

新じゃがの食べ方

新じゃがには、どんな料理が合うのでしょうか。
新じゃがは、皮が薄く、水分量が多いジャガイモなので、炒め物、煮物などにあうと言われています。
新じゃがは、ホクホクというよりも、シャキシャキとした食感をしているので、ジャーマンポテトや、カレー炒め、コンソメ炒めなどがおいしいと言えるでしょう。
もちろん、オーブンなどでカリッと焼いても良いのですが、これはどちらかというと、冬のジャガイモに合っている調理法なので、新じゃがの場合には、さっぱりとした調理法が合っていると言われています。
また、カレーや肉じゃがにも、新じゃがはおすすめで、汁に溶け出した栄養分も全て食べられるメニューが良いと言えるでしょう。

新じゃがの簡単な定番レシピ

新じゃがの定番レシピには、どんな物があるのでしょうか。
材料が少ないおかずを作るなら、ジャーマンポテトがオススメです。
材料は、新じゃが小8個、新たまねぎ半分、ベーコン80g、バター少々、水100cc、塩こしょう少々です。
まず、じゃがいも、たまねぎ、ベーコンを食べやすい大きさに切って、バターでベーコンを炒めます。
軽く火が通ったら、じゃがいもとたまねぎを入れて炒め、中まで火が通ったら、水を入れてフタをして、蒸し焼きにします。
水分がある程度飛んだら、塩こしょうで味付けして、最後に、じゃがいもに火が通っているかを、もう一度確認して出来上がりです。

新じゃがの栽培

新じゃがは、どんな風に栽培されているのでしょうか。
普通のジャガイモというのは、9月上旬などに植えられたものを11月の上旬~中旬に収穫するのですが、新じゃがの場合には、2月下旬~3月中旬に植えられた物を6月上旬~下旬に収穫します。
ジャガイモの栽培は、全国各地で行われていますが、新じゃがの場合には、北海道などの気候がとても寒い地域でなくても、栽培する事が可能ですし、地植えで切る環境なら、1年目で新じゃがを収穫する事も出来ると言えるでしょう。
ちなみに、新じゃがをおいしく育てるコツは、土寄せをする時期の見極めで、ある程度、間引きをしてから、5センチほど土寄せをして、肥料を混ぜるのが良いと言われています。