春菊

春菊がわかる!その魅力とは

春菊の魅力とはなんでしょうか。
春菊の魅力は、その食感と、栄養素にあると言われています。
まず、春菊は、少し茎が太めのキク科シュンギク属の植物で、鍋物などの具材に重宝すると言えるでしょう。
春菊は茎が堅めなので、火が通っていても、独特の歯ごたえがあり、それが葉もの野菜の中でも、春菊の大きな特徴だと言われています。
また、春菊には、カリウムやβカロテンなどが含まれており、日常的に少しずつ摂取する事で、風邪、高血圧、動脈硬化、老化予防効果だけでなく、ストレス緩和や、疲労回復効果もあるそうです。
さらに、春菊は冬から春にかけて収穫される種類なので、新鮮な春菊が採れる時期は、特に栄養かも高いと言われています。

春菊の栄養と効能

春菊には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
春菊は、葉もの野菜の中でも、カリウムやβカロテンの量が非常に多いと言われています。
カリウムは、体内の塩分を外に排出してくれる効果があるので、血液の流れを良くし、高血圧の予防にも効果的です。
そして、春菊に含まれるβカロテンは、抗酸化作用があるため、老化防止、がん予防などにも有効だと言われています。
また、ペータカロテンは、体内に入るとビタミンAに変わり、疲労回復効果も高い栄養分としても知られているようです。
ちなみに、春菊の香りには、リラックス効果、食欲増進、胃の保護の役割も果たしていると言われています。

春菊のカロリー

春菊には、どのくらいカロリーがあるのでしょうか。
春菊は、100gあたり、22カロリーがあると言われています。
葉もの野菜は、野菜の中でも、カロリーが低い方なので、春菊の場合も、かなりヘルシーな野菜だと言えるでしょう。
特に、春菊には、βカロテンが豊富に含まれていますから、日常的に少しずつ食べる事で、疲れの溜まりにくい体を作ってくれると言われています。
さらに、サラダ用春菊の場合には、加熱しなくても食べられる分、ビタミン群が熱に溶ける心配が無いのも、大きなポイントだと言えるでしょう。
ちなみに、春菊の香りは、食欲増進だけでなく、リラックス効果や、胃を保護する役割があると言われています。

おいしい春菊の見分け方

春菊は、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、春菊は、葉っぱの部分を見た時に、それぞれの葉っぱがピンとしていて張りがあるものを選びましょう。
そして、全体の色合いも、色むらが無く、鮮やかな緑色をしており、葉っぱの量も沢山ついている物が、おいしいと言われています。
さらに、春菊の茎の部分は、あまりに茎が太すぎると堅い感じがするので、細く短い方が食べやすいと言えるでしょう。
ちなみに、春菊は鮮度が落ちると、葉っぱの表面が乾燥したり、色合いがくすんできますから、見た目だけでも、鮮度を確かめる事が可能だと言われています。

春菊の価格の目安

春菊の価格は、いくらぐらいが相場なのでしょうか。
春菊は、袋売りされている事が多いのですが、価格は、150g入りで、210円~250円ほどだと言われています。
価格は、春菊が出始める時が一番高く、ピークの時期には価格も少し下がると言えるでしょう。
また、春菊の産地によっても、少し春菊の価格が異なるため、ネットなどで検索してみると、大体の相場が分かると言われています。
ちなみに、有機栽培の春菊の価格は、150gでも、300円からと少し高めに設定されているため、有機栽培の方が栄養価が優れている分、価格面では負担になりやすいと言えるでしょう。

春菊の有名産地

春菊の産地は、どこが有名なのでしょうか。
春菊の産地は全国に散らばっていますが、その中でも、特に多いのが千葉県と大阪府です。
どちらの県でも中葉種という、葉っぱがギザギザになっている種類の春菊を作っているのですが、千葉県や群馬県を中心に作られているのが、株立ち中葉種という種類で、大阪府で作られる事が多いのが、株張り中葉種という種類です。
春菊は、冬から春にかけて栽培される野菜で、出始めの価格は少し高めだと言われています。
最近は、生食でも食べやすいサラダ用の春菊も人気が出てきており、中国地方や九州では、葉っぱの切れ込みが浅い種類の春菊も栽培されているそうです。

春菊の種類

春菊には、どんな種類があるのでしょうか。
普段私達が口にする事が多いいのは、春菊の中でも、中葉種という種類で、葉っぱに深い切れ込みがあり、香りも強いという特徴があります。
品種としては、「株立ち中葉種」や、「株張り中葉種」が有名で、鍋物、炒め物などに使われる事が多いと言えるでしょう。
そして、「サラダ春菊」という品種が代表的なサラダ用春菊は、その名の通り、生食向けの春菊で、茎が細いため、柔らかく、香りも優しいのが特徴だと言われています。
さらに、サラダ用の中の、スティック春菊は、茎の植えの方にのみ、葉っぱがついている特別な品種だと言えるでしょう。

春菊の保存方法

春菊は、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
春菊は、あまり涼しい所においておくと、しおれてしまうので、冷蔵庫に入れる時には、新聞紙に包んだ方が良いと言われています。
また、包む新聞紙は、軽く濡らした状態で、春菊の茎が下になるよう立てて保存すると、長持ちしやすくなると言えるでしょう。
保存日数の目安は、購入から3日ほどで、すぐに使い切る予定がない時は、固ゆでしてから、冷凍庫で保存した方が良いそうです。
使う時には、そのまま温めれば炒め物や鍋物にも使えるので、特に一人暮らしで、すぐに春菊を使い切れない方にはオススメの方法で、1ヶ月ほどは、これで保存が可能だと言われています。

春菊の食べ方

春菊には、どんな食べ方があるのでしょうか。
春菊は、一度下茹でをしてから、おひたし、ゴマ和えにしてもおいしいですし、下茹でをしない状態で、鍋に入れたり、ソテーにしてもおいしいと言われています。
ただ、最近では、サラダ用の春菊も販売されており、こちらは、下茹でをしなくても、茎が柔らかく生食が出来るという特徴があるそうです。
さらに、春菊は、食べるだけでなく、葉っぱを陰干しにして、入浴剤に使うと、体を温め、肩こりや神経痛の解消にも効果があると言われています。
また、春菊の絞り汁には、血圧を下げる効果もあるため、昔から民間治療薬の一種として使われてきたそうです。

春菊の簡単な定番レシピ

春菊の定番レシピには、何があるのでしょうか。
春菊のシャキシャキ感と、香りを存分に楽しみたいなら、春菊のナムルがオススメです。
用意する物は、春菊一束、焼き海苔1枚、ごま油小さじ2、塩少々、すりごま少々です。
まず、春菊を軽く茹でてから冷水にさらして、良く水を絞って、食べやすい大きさに切ります。
春菊をボウルに入れて、ごま油を加えてから指先でほぐしながら、全体に混ぜ込みます。
この時に、お好みでのり、すりごま、先に小さくちぎっておいた焼き海苔を加えて出来上がりです。
簡単に出来るレシピなので、ちょっとしたおかずやおつまみが欲しい時にもオススメだと言えるでしょう。

春菊の栽培

春菊は、自分で栽培する事も出来るのでしょうか。
答えは「出来ます」。
春菊は、地植え出来る環境があれば、栽培が可能で、種まきの時期は8月中旬~10月下旬頃だと言われています。
畑は、春菊の種をまく2週間ほど前に苦土石灰をまいて、良く混ぜ合わせて起きます。
種をまいたら1週間ほどで発芽するので、発芽が込んでいる場所は間引きしておいた方が良いでしょう。
また、本場が3枚ほどになった時にも、間引きが必要だと言われています。
春菊は、寒さに弱い野菜なので、冬の間は、ビニールトンネルをかける事が大切で、その後、収穫は、冬~春にかけて行われるので、大体、花が咲くまで続けられるそうです。