野かんぞう

野かんぞうがわかる!その魅力とは

野かんぞうの魅力とはなんでしょうか。
野かんぞうの魅力は、山菜としても、おいしく食べられるだけでなく、自宅の観賞用として栽培しても、見た目がキレイな事だと言われています。
食用の野かんぞうは、長野や新潟などの寒い地域で育てられ、出荷されているのですが、東京などの暖かい地域でも、花を咲かせる事が出来ますし、様々な用途で使う事が出来るのが、野かんぞうの魅力だと言えるでしょう。
ちなみに、野かんぞうには、解熱効果、利尿作用、不眠症の解消などの効果もあるので、栄養面でも優れている山菜だと言われています。
野かんぞうは、あまり目にする事が無いかもしれませんが、見かけたら一度試してみるのもオススメです。

野かんぞうの栄養と効能

野かんぞうには、どんな効能があるのでしょうか。
野かんぞうは、昔から春の山菜として食べられてきた植物で、野かんぞうの芽を食べるだけでなく、ツボミや根を、薬としても使っていたそうです。
この野かんぞうには、解熱作用や利尿効果があると言われているため、特に数など、体調を壊した時には、効果が高かったと言われています。
また、野かんぞうを食べたり、根っこを煎じて飲む事で、不眠症の症状が改善するので、お茶として日常的に飲むのが良いでしょう。
ちなみに、野かんぞうの葉っぱは春に、花やツボミは夏の間にも収穫出来る為、自宅で育てれば、必要な時に収穫出来ると言われています。

野かんぞうのカロリー

野かんぞうには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
野かんぞうには、100gあたり26カロリーほどが含まれています。
ただ、野かんぞうは、食べる場所によって栄養分なども異なり、若芽には、比較的高めのカロリーが含まれていますが、若い葉っぱは、低カロリーだと言われています。
また、野かんぞうの食べ方も、おひたしとして食べる場合と、天ぷらにして食べる場合には、カロリーも大きく異なりますから、調理法や、一緒に合わせる食材によっても、栄養バランスは変わると言えるでしょう。
ちなみに、野かんぞうは時期が限られており、地域によっては、あまり簡単に入手出来ないので、日常的に食べるのは難しいと言われています。

おいしい野かんぞうの見分け方

野かんぞうのおいしさは、どうして見分けたら良いのでしょうか。
野かんぞうは、アロエのように葉っぱが外に向かって伸びている植物で、質感としては、長ネギに似ています。
野かんぞうの葉は、明るい緑色をしており、色のムラやくすみがないものを選ぶのが良いと言えるでしょう。
そして、野かんぞうは、独特な香りがあるので、香りが強い方が、鮮度も高いと言われています。
また、野かんぞうを収穫する時には、地中の白い茎の部分から切り取る事が大切です。
また、夏の間は、ツボミや花の部分を摘み取る事も出来るので、長い期間を通して、収穫を楽しめる山菜だと言えるでしょう。

野かんぞうの価格の目安

野かんぞうの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
野かんぞうの価格は、100gあたり180円と、かなりお手頃だと言われています。
野かんぞうは、ネット通販でも購入する事が出来ますし、現地から直送される野菜類は鮮度が高くおいしいと定評があるそうです。
また、野かんぞうを自分で栽培する場合の苗も、1つ630円ほどで販売されており、これは食用と言うよりも、観賞用として販売される事が多いと言われています。
ちなみに、野かんぞうは、あまり沢山出回っていない分、レストランなどで食べると、その価格もかなり上がるので、自宅で食べるのが一番だと言えるでしょう。

野かんぞうの有名産地

野かんぞうの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
野かんぞうの産地は、新潟県や長野県、徳島県などが有名です。
野かんぞうというと、春先に、若い葉や芽を収穫する事が多いのですが、この若芽の事は、「芽かんぞう」と呼ばれる事が多いようです。
そして、若い葉の産地なら、気候が寒い新潟県や、長野県で作られる事が多いのですが、芽かんぞうの場合は、山菜の産地として有名な徳島県産が有名です。
また、野かんぞうは、夏に花やツボミを摘んで、薬にする場合もありますし、収穫時期によって、内容も変わってくると言えるでしょう。
ちなみに、野かんぞうの若芽は、臭みもアクもそこまで強くないため、始めての方でも、食べやすいと言われています。

野かんぞうの種類

野かんぞうには、どんな種類があるのでしょうか。
野かんぞうは、ユリ科の植物なので、野かんぞうの花も、ユリの形に似ています。
野かんぞうの花が咲くのは1日のうちの昼のみなので、室内で栽培した場合にも、花が咲いている時間は限られていると言えるでしょう。
ただ、ユリ科の中でも、野かんぞうのように食用に出来る植物は限られていますし、野かんぞうの場合には、若葉だけでなく、花やツボミにも薬効があると言われているので、ユリ科の植物の中でも、少し特別だと言われています。
ちなみに、野かんぞうは、ひとつの植物の名前で、野かんぞうの若い芽は「芽かんぞう」と呼ばれる事が多いようです。

野かんぞうの保存方法

野かんぞうは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
野かんぞうは、春先に葉っぱの部分を切り取って食べる食材なのですが、生の状態で保存すると、どんどん鮮度が落ちて行ってしまうので、収穫後は早めに火を通してしまった方が良いでしょう。
野かんぞうは、そこまでアクも強くない野菜なので、軽く湯がくだけで十分で、その後は、そのままジップロックに入れて冷蔵保存しても良いですし、おひたしなどにするのもおいしいと言われています。
ちなみに、昔は、収穫した野かんぞうを干してから、保存食にしていたようですが、最近では、保存食にしても、使い道がほとんど無いので、出来るだけ早めに食べてしまうのが良いでしょう。

野かんぞうの食べ方

野かんぞうは、どんな風に食べるものなのでしょうか。
野かんぞうは、食べ方は部分によって異なります。
まず、春に採れるのは若芽と若葉で、アク抜きをしてから、おひたしや煮物にされる事が多いと言われています。
野かんぞうは、山菜の中でも、そこまで苦みが強くないので、調理も簡単ですし、食べやすい方だと言えるでしょう。
そして、野かんぞうの花とつぼみは、夏に収穫する事が出来、これは乾燥させて、500mlの水に対して、10gの野かんぞうの花、またはツボミを入れて、栄養分を抽出すると、解熱、利尿効果、不眠症の症状改善にも効果があると言われています。

野かんぞうの簡単な定番レシピ

野かんぞうは、どんな風に調理するのが良いのでしょうか。
野かんぞうの若芽や、若葉は、アクがそこまで強くないのですが、一度茹でた方が、食べやすくなると言われています。
野かんぞうを茹でる前には、全体を軽く洗って、1分ほど熱湯で茹でてから水を切ります。
この後は、酢のものにしてもおいしいですし、煮物に使っても、栄養バランスが良くなるのでオススメです。
また、天ぷらにする場合には、下茹でをしないで、野かんぞうを洗ってから水を拭き取って、そのままあげてしまった方が良いですし、そうすると、調理している間に、アクも抜けると言われています。

野かんぞうの栽培

野かんぞうは、自分でも栽培出来るのでしょうか。
野かんぞうは、ユリ科の植物で、自宅で栽培する場合には、基本的に観葉植物として栽培する事になります。
野かんぞうというと、若芽をつみとって食べる事も出来るのですが、この場合には、野かんぞうも地植えしないといけませんし、気候などが合っていないと、芽を付けるのは難しいと言えるでしょう。
そして、野かんぞうの花は、鮮やかなオレンジと黄色で、見た目にも可愛らしいですし、室内の観葉植物としてなら、栽培もそこまで難しくないと言われています。
このように、用途によっても、野かんぞうの栽培方法を工夫する必要があるでしょう。