ふきのとう

ふきのとうがわかる!その魅力とは

ふきのとうの魅力とはなんでしょうか。
ふきのとうの魅力は、その独特の苦みと、栄養分だと言われています。
春の山菜と言えば、ふきのとうと言うくらい、ふきのとうは山菜の中でも有名ですし、販売量も多いと言えるでしょう。
また、ふきのとうは、カリウムを豊富に含んでいるため、体のむくみを採ったり、高血圧予防にも効果的だと言われています。
さらに、ふきのとうに含まれる苦み成分は、肝機能を強化する効果がある為、その結果、新陳代謝が良くなり、ダイエット効果も期待出来るでしょう。
始めての方には、少し食べにくいふきのとうですが、ふきのとうには、新しい季節を乗り切る栄養成分が、たっぷりとつまっているのです。

ふきのとうの栄養と効能

ふきのとうには、どんな栄養素があるのでしょうか。
ふきのとうは、独特の苦みがありますが、これはアルカノイドという成分で、肝機能を強くするだけでなく、新陳代謝を活性化してくれます。
それだけでなく、ケンフェールという苦み成分は、ガン物質の発生を抑える効果もあると言われています。
また、ふきのとうには、カリウムが沢山含まれており、このカリウムが、体に溜まった塩分を外に排出してくれる効果が高いので、その結果、むくみ解消や、高血圧にも有効だと言えるでしょう。
ちなみに、ふきのとうの香りは、胃腸の働きを良くする効果もあるので、香りも楽しみながら食べるのが良いと言われています。

ふきのとうのカロリー

ふきのとうには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ふきのとうには、100gあたり、43カロリーが含まれていると言われています。
しかし、これは生の状態で、ふきのとうは、アク抜きをしてから食べる事が多く、アク抜きをした状態だと、カロリーも32カロリーと少し低くなると言われています。
ふきのとうは、ふきのツボミですから、その分、栄養分も多くつまっており、カロリーが高いようで、さらに天ぷらとして食べる場合には、摂取するカロリー数も高めになると言えるでしょう。
ちなみに、ふきのとうは、カリウムなどが多く含まれているので、カロリーは高いのですが、塩分を体外に排出してくれる効果が高いそうです。

おいしいふきのとうの見分け方

ふきのとうは、どこでおいしさを見分ければ良いのでしょうか。
ふきのとうは、ふきのツボミなので、触った時にツボミが堅く閉じていて、締まりがあるものを選ぶのが良いでしょう。
また、サイズが大きい方が見た目は良いのですが、味の面では、少し小ぶりな方が、苦みが少なく食べやすいと言われています。
ふきのとうの色合いも重要で、ふきのとうは緑と黄色が混じった色合いをしているのですが、どちらの色も濃すぎず、明るい黄緑色をしているものを選ぶと、ちょうど良く食べごろだと言えるでしょう。
ちなみに、ふきのとうには、独特の香りもあるので、この香りが強いかどうかも、おいしさを見分けるポイントだと言われています。

ふきのとうの価格の目安

ふきのとうの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
ふきのとうは、春先にしか販売されていませんが、出始めの方が価格も高く、10個入りで500円ほどだと言われています。
一番収穫量がある時には、同じ量でも300円ほどに落ち着きますが、スーパーや道の駅など、販売先によって、価格も異なるので、一概にいくらと言う事はないようです。
特に、最近では、ネット通販で、現地から直接山菜を取り寄せる方もいるのですが、この場合には、ある程度の量を買わないと、送料もかかるので、簡単に買い物が済む分、少し価格も最終的には高くなると言えるでしょう。

ふきのとうの有名産地

ふきのとうの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
ふきのとうの産地は岩手県、秋田県、福島県など、東北地方が多いと言われています。
東北のような寒冷地の方が、ふきのとうが育ちやすく、山林などで天然のふきのとうを採れる機会も多いと言えるでしょう。
また、ふきのとうの収穫時期は、岩手県、秋田県が長く、福島県の方が、早く収穫時期が終わってしまう傾向があるようです。
ちなみに、ふきのとうは群馬県や長野県でも、毎年収穫されていますが、春先に販売されるふきのとうのほとんどは、東北で収穫されてから運ばれてくる事が多いと言えるでしょう。

ふきのとうの種類

春の山菜と言えば、様々な種類がありますが、その中でも、特に有名なのがふきのとうです。
ふきのとうは、キク科フキ属のフキに出てくる、ツボミ部分の事を指しています。
このふきのとうには、独特の香りと苦みがあるのですが、栄養成分も豊富に含んでいる為、春の山菜としては代表格の種類だと言えるでしょう。
そして、ふきのとうの親であるフキも茎の部分が山菜として食べられていますし、ふきのとうと同じようにアクが強いため、アク抜きをしてから、煮物や炒め物などに使われるそうです。
ちなみに、全国に一番出回っているフキは、愛知早生という品種だと言われています。

ふきのとうの保存方法

ふきのとうは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
ふきのとうは、季節ものの山菜なので、長期保存はオススメ出来ません。
ふきのとうは、生の状態で時間が経つと、どんどん苦みが増して、料理をしても、食べにくくなってしまいますから、購入したら、その当日か次の日には食べきった方が良いでしょう。
また、冷蔵庫で保存する場合には、ふきのとうを乾燥から守る為に、ポリ袋などに入れますが、ずっと入れておくと、中に水分が溜まってしまうので、注意した方が良いと言われています。
ちなみに、ふきのとうは、下茹でをしてから保存した方が、苦みが少ないと言えるでしょう。

ふきのとうの食べ方

ふきのとうは、どんな風に食べる山菜なのでしょうか。
山菜というと、都会に住んでいるとなかなか手に入りませんし、春先にスーパーで販売されていても、あまり調理法が分からないと言う方も多いようです。
ふきのとうは、独特の苦みと香りがあるため、始めて食べるなら、しっかりとアク抜きをして、苦みを弱めておいた方が良いでしょう。
ふきのとうの葉を開いて、お湯で1分ほど湯がいてから水を切って、おひたしにするのも良いですし、炒め物に使う方も居るそうです。
また、ふきのとうの味になれている方は、やはり苦みが楽しめる天ぷらに挑戦してみるのがオススメです。

ふきのとうの簡単な定番レシピ

ふきのとうは、簡単に調理出来るのでしょうか。
ふきのとうのレシピは、沢山紹介されていますが、ふきのとうの香りを活かした料理と言えば、やはりふきのとうの天ぷらです。
材料は、ふきのとう4つ、小麦粉大さじ2、水大さじ2、片栗粉少々で、下準備として、ふきのとうをキレイに拭いて、汚れた葉っぱは取り除いておきます。
また、ふきのとうのツボミが閉じている場合には、葉っぱを開いておくと良いでしょう。
その後、片栗粉を全体につけて、小麦粉と水を混ぜ合わせてから、ふきのとうの全体に衣をつけて170度くらいの油で揚げます。
そして、全体に火が通ったら、ふきのとうの天ぷらの出来上がりです。

ふきのとうの栽培

ふきのとうは栽培出来るのでしょうか。
ふきのとうは、ふきのツボミとして春頃に出てくる山菜ですが、このふきのとうを自分で栽培するのは難しいと言われています。
ふきの苗木などは、比較的簡単に手に入りますが、ふきを育てれば、必ずふきのとうが出るというわけではありませんし、ふきのとうとして食べられるようになるまでには、何年も待たないといけません。
また、ふきのとうが出来やすい環境としては、気温が涼しい事もあげられるので、温暖地の場合には、フキを育てても、ふきのとうを収穫するまでには行かないことが多いと言われています。
その為、市販のふきのとうも、天然物がほぼ100%だと言えるでしょう。