ハマボウフウ

ハマボウフウがわかる!その魅力とは

ハマボウフウの魅力とはなんでしょうか。
ハマボウフウの魅力は、健康への効果が高い事だと言われています。
このハマボウフウは、昔から漢方薬のひとつとして使われてきた植物で、特にハマボウフウの根っこは、栄養成分が高く、解熱や鎮痛剤賭しても使われてきました。
ハマボウフウは、根っこの部分だけでなく、若葉をお刺身のツマにする事もあるのですが、生食でも食べられると言われています。
ただ、ハマボウフウは、あまり一般に出回っていない山菜のひとつなので、購入したくても、ハマボウフウを販売している八百屋さん、農家さんがとても少ないと言うのが、欠点だと言えるでしょう。

ハマボウフウの栄養と効能

ハマボウフウには、どんな効能があるのでしょうか。
ハマボウフウは、昔から、漢方薬、民間治療薬にも使われてきた山菜で、特に根っこの部分には、様々な効能があると言われています。
ハマボウフウの効能としては、鎮痛、解熱、鎮咳などが有名で、ここ数年で糖尿病の症状が改善するというデータも出てきているそうです。
しかし、ハマボウフウの販売量は絶対的に少なく、海岸線で採れるハマボウフウが地域によっては、絶滅の危機に瀕しているのが、その原因だと言えるでしょう。
ちなみに、ハマボウフウの若芽は、天ぷらや和え物として、食用にされる事が多く、地域によっては、馴染みのある食材だと言われています。

ハマボウフウのカロリー

ハマボウフウには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ハマボウフウは、100gあたり23カロリーあると言われています。
野菜類の中では、カロリー数も高くないので、ヘルシーな食材だと言えますが、調理法によっては、このカロリー数も変化すると言えるでしょう。
ハマボウフウは、湯がいておひたしにしたり、そのままお刺身のツマにする事も多いのですが、ハマボウフウを天ぷらにする場合には、ハマボウフウよりも、油のカロリーが高くなってしまうと言われています。
ただ、ハマボウフウには、若干のほろ苦さがあり、油との相性も良いので、ハマボウフウの本来の味を楽しむなら、天ぷらにするのがオススメです。

おいしいハマボウフウの見分け方

ハマボウフウは、どこでおいしさを見分けられるのでしょうか。
ハマボウフウは、若芽をおひたしや天ぷらにして食べる山菜で、葉っぱの形に丸みが有り、緑色が鮮やかなものを選ぶと良いと言われています。
このハマボウフウの若芽の味は、パセリにも似ている為、とても食べやすいそうです。
また、ハマボウフウの茎の色も、綺麗な赤紫色をしているものを選び、色むらや、くすみがあるものは、収穫を控えた方が良いでしょう。
ちなみに、ハマボウフウは、海の砂浜に生えている植物なので、山に生えている植物よりも、比較的、見分けやすい種類だと言われています。

ハマボウフウの価格の目安

ハマボウフウの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
ハマボウフウは、1パック(100g入り)で、660円ほどだと言われています。
このハマボウフウは、セリ科の山菜のひとつで、あまり市場に出回っていない分、価格も高いと言えるでしょう。
昔から、ハマボウフウは、漢方薬や民間治療薬として使われてきましたが、最近では、調理方法自体を知っている方も少ないですし、ネットなどを使わないと、入手出来ないため、価格面でも、高価なのです。
ちなみに、ハマボウフウの根は、解熱、鎮痛、糖尿病の予防にも、効果がある山菜だと言われています。

ハマボウフウの有名産地

ハマボウフウの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
ハマボウフウは、元々、中国や朝鮮半島などから、日本に伝わった植物で、日本国内では、埼玉県がハマボウフウの産地として有名だと言われています。
もちろん、ハマボウフウは、海岸線で採れる野菜なのですが、埼玉県の山口市では、栽培されたハマボウフウの収穫量が多く、葉が大きく茎も太いので、お刺身のツマとして使われる事が多いそうです。
また、野生のハマボウフウは、収穫量が減ってきており、以前はハマボウフウの産地として有名だった福島県でも、ハマボウフウが絶滅の危機に瀕していると言われています。

ハマボウフウの種類

ハマボウフウには、種類があるのでしょうか。
ハマボウフウは、元々中国でよく収穫されていた植物で、海岸線に生えている植物なので、浜風防という名前がついたそうです。
このハマボウフウは、セリ科の植物で、日本国内ではあまり種類が無いのですが、昔には沢山あった海岸線も数が減ってきたため、ハマボウフウの収穫量自体も、かなり減っています。
ハマボウフウは、山菜のひとつですが、価格も100gあたり600円以上するのは、収穫量減少の影響が大きいと言えるでしょう。
ちなみに、ハマボウフウは、解熱や鎮痛剤の漢方薬としても使われてきましたが、最近では、ハマボウフウで漢方薬を作る事も少なくなっているそうです。

ハマボウフウの保存方法

ハマボウフウは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
ハマボウフウは、新芽を食用とする山菜のひとつなので、あまり長期保存には向きません。
むしろ、収穫後は、出来るだけ早く調理をして食べてしまうのが良いと言われており、その日の内に食べきれない場合には、ハマボウフウの葉っぱだけ軽く湯がいて、その後、タッパーなどにいれて、冷蔵庫で保存しましょう。
ただ、この場合も、調理から3日以内に食べきるのが良いと言われています。
ちなみに、ハマボウフウは、若芽を天ぷらにしたり、刺身のつまにしたり、酢みそ和えにしても、おいしく食べられると言えるでしょう。

ハマボウフウの食べ方

ハマボウフウには、どんな食べ方があるのでしょうか。
ハマボウフウは、元々、海岸沿いに生息する山菜で、若芽や茎の部分を食べるのが一般的です。
最近では、大振りの栽培ハマボウフウも販売されていますが、販売量は少なく、価格も少し高めなので、食べ方が分からない方も多いようです。
ハマボウフウは、アク抜きなどをしない状態で、天ぷらにしても、独特の苦みがありおいしいですし、1度湯がいてアク抜きをする場合には、おひたしや和え物にするのもオススメです。
また、ハマボウフウは、お刺身のツマとして使われる事も多いので、ハマボウフウ1品だけでも、様々な料理に応用出来ると言われています。

ハマボウフウの簡単な定番レシピ

ハマボウフウの簡単なレシピと言えば、なんでしょうか。
ハマボウフウは、パセリにも似たような味をしている山菜で、少しアクがあるので、食べる時には、一度湯がいた方が良いと言われています。
ハマボウフウは、葉っぱの部分だけでなく、茎の部分も食べられますから、一緒に1分ほど茹でて、その後、酢みそを合えるのもおいしいと言えるでしょう。
また、人によっては、ハマボウフウとコンソメキューブ、ベーコン、卵を使って、ハマボウフウの卵スープにする方もいるようで、ハマボウフウの苦みが、ちょっとしたスープのポイントになるので、オススメです。

ハマボウフウの栽培

ハマボウフウは、栽培も出来るのでしょうか。
ハマボウフウは、海岸線で育つ野菜なので、一般の方がハマボウフウを栽培するのは難しいと言われていますが、種とそれに適した土壌があれば、栽培を始める事は可能です。
ハマボウフウの種まきの時期は、4月の中旬~5月の中旬頃で、1ヶ月ほどしないと芽がでてきません。
しかし、ハマボウフウは、若芽を食べる野菜なので、大体3ヶ月ほどで、収穫が可能ですし、毎年ハマボウフウを育てるようになれば、収穫量も徐々に増えてくると言えるでしょう。
ちなみに、ハマボウフウは、深く根っこを張る植物なので、栽培も、地植えが鉄則です。