ハコベ

ハコベがわかる!その魅力とは

ハコベの魅力とはなんでしょうか。
ハコベの魅力は、自家栽培する事が可能で、インコだけでなく、ウサギのエサとしても使える事だと言われています。
ハコベは、七草がゆに使われる植物ですが、七草がゆのシーズンにならないと、販売される事が無いようです。
しかし、ハコベは、インコのエサとしては有名で、自宅のプランターで、ハコベを育てるのは簡単なので、ペットの為にハコベを育てている方も多いと言えるでしょう。
また、ハコベのみを使った料理と言うのはほとんど無いので、あまりスーパーでも販売されていませんし、普段の食事のメニューに、ハコベが登場する事は少ないと言われています。

ハコベの栄養と効能

ハコベには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
ハコベは、七草がゆに使われる食材で、七草には、それぞれ意味合いがあり、栄養素のバランスも異なると言われています。
その中でも、ハコベは、タンパク質やミネラルを多く含んでいる植物で、茎に葉が沢山ついている事から、「繁栄」を意味しているそうです。
また、七草がゆのセリは鉄分が多く「競り勝つ」という意味、ナズナは利尿作用があり、「なでて汚れを除く」という意味があります。
ハコベひとつだけでは、そこまで高い栄養素を得る事は出来ませんが、様々な植物が一緒に食べられる七草がゆは、本当に栄養バランスが整っている料理だと言えるでしょう。

ハコベのカロリー

ハコベには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
ハコベは、単品で食べられる事が無いため、七草がゆに使われた時のカロリー計算になります。
七草がゆのカロリーは、100gあたり153カロリーで、使われている七草よりも、お米のカロリーが非常に高いと言えるでしょう。
しかし、1月7日に七草がゆを食べると言う事は、健康面でもとても大切で、七草を食べる事で、デトックス効果、貧血予防、咳予防、便秘解消など、様々な効果が得られると言われているので、積極的に食べた方が良いと言われています。
ダイエットで、カロリーを減らしている方は、カロリー数だけでなく、栄養素のバランスを見て食事を選ぶ事が大切です。

おいしいハコベの見分け方

ハコベのおいしさは、どうやって見分けたら良いのでしょうか。
ハコベは、鮮度が重要な植物です。
このハコベは七草がゆに使われる事が多いため、その時期になると、スーパーでも、販売されるのですが、その場合には、ハコベの葉っぱが乾燥していないかをチェックすると良いでしょう。
ハコベは、乾燥に弱い植物なので、収穫後は出来るだけ早めに調理した方が良いのですが、この収穫から時間が経つと、葉っぱに元気がなくなり、しなびてきてしまうのです。
また、ハコベの葉っぱの色が、綺麗な緑色である事も大切です。
ちなみに、変色などがある場合には、その場所だけ切り取って、残った部分を使うようにしましょう。

ハコベの価格目の安

ハコベの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
ハコベは、野草としても群生していますし、一般のお店では販売していない事が多いようです。
しかし、ハコベは、インコのエサとしては有名で、毎回買っているのでは経済的に大変なので、自宅でハコベを育てる方も増えて来ています。
ハコベの種は、1袋750円ほどで、プランターがあれば、栽培する事が出来ます。
ハコベは、一年中葉っぱを採取する事が出来ますから、その点では、これが一番経済的な方法だと言えるでしょう。
また、ハコベは、あまり料理に使われる事が無い為、一般のスーパーなどでは、販売されていないと言われています。

ハコベの有名産地

ハコベの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
ハコベは、全国各地で群生している植物なので、どんな地域でも、基本的に栽培が可能で、特別にハコベが多い産地と言うのは無いようです。
特に、ハコベは、人里や草地に生える種類、山間部に生える種類、高地に生える種類などに違いがありますから、その点では、産地自体も特定しずらいという背景があると言われています。
ちなみに、七草がゆは、お正月の後に食べられる季節のお粥ですが、七草がゆに使う七草のパックは、京野菜のひとつとして扱われる事が多いようです。
七草の場合には、単品ではなく、様々な種類を一緒に収穫出来る地域の方が、出荷にも合っているのです。

ハコベの種類

ハコベには、いくつかの種類があります。
一般に知られているのは、コハコベ、ミドリハコベ、ウシハコベの3種類で、それぞれにおしべの数などに違いがあります。濃ハコベには、おしべが1枚~5枚、はなびらが少し短く、茎が赤紫色をしている品種です。
ミドリハコベは、おしべが8枚~10枚で、茎が緑色をしています。
そして、ウシハコベは、おしべの数が10枚で、花柱の数も5本と多いので、大型のハコベだと言えるでしょう。
また、ハコベの種類は、世界中を探すと120種類以上あると言われており、日本国内では、合計で18種類が確認されていると言われています。

ハコベの保存方法

ハコベは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
ハコベは、七草がゆの具材のひとつとして使われる食材ですが、購入後は冷蔵庫で保存して、出来れば、購入したその日に食べてしまった方が良いでしょう。
ハコベには、タンパク質やミネラル分などが含まれていますが、これも収穫後は、少しずつ減って行ってしまいますし、あまり長時間生の状態で保存すると、葉っぱがしおれて見た目が悪くなります。
また、ハコベ以外の七草も、基本的に乾燥には慣れていないので、購入したその日か、次の日には、調理して食べてしまった方が良いでしょう。
ハコベは、長期保存にもあまり向かない食材だと言われています。

ハコベの食べ方

ハコベは、どんな風に食べるものなのでしょうか。
ハコベというと、七草がゆに使われたり、インコなどのエサにする事が多いのですが、新鮮なハコベは、おひたしや和え物にしてもおいしいと言われています。
ハコベは、自宅で栽培出来るものもありますし、ある程度大きくなってからまとめて茹でて、簡単なおひたしにしても良いですし、にんじんなどとあえてもおいしいと言えるでしょう。
さらに、お腹を温めるなら、うどんやそばの具材に使うのもオススメですし、湯がいた葉っぱを雑炊の具材にしてもヘルシーだと言われています。
また、中には、湯がいたハコベを卵焼きの中に巻き込むと言う方も居るそうです。

ハコベの簡単な定番レシピ

ハコベの定番レシピと言えば、七草がゆです。
1月7日に食べられる七草がゆは、様々な健康への効果だけでなく、新年を元気に過ごす為の願掛けの意味も込められています。
その時期になると、七草がゆを作る為の七草パックが販売されていますから、4人前の場合には、お米1合、水1リットル、七草パックを1つ用意して、お米を研いでから水を入れて1時間ほど浸しておきます。
その後、フタをせずに、強火で沸騰させて、お米をかき回し、弱火で1時間ほど煮込みます。
その間に、七草を細かくきざんでおき、お粥が出来てから七草を混ぜ込みます。
塩加減はその時に調節して、健康的な七草がゆの出来上がりです。

ハコベの栽培

ハコベは、自分でも育てられるのでしょうか。
ハコベは、セキセイインコのエサとしても知られており、最近では、ハコベの葉っぱよりも、ハコベの種の方が、購入しやすくなっていると言われています。
ハコベの種まきは一年中行う事が出来、プランターでも育てられるため、室内で育てて、必要な時に収穫する方も多いそうです。
また、ハコベの葉は、3センチ~10センチほどしか成長しないので、室内で栽培するのにも適していると言えるでしょう。
ちなみに、地植えでハコベを育てる場合には、しっかりと手入れをしないと、広範囲に広がってしまうため、始めての方はプランターで栽培するのが良いと言われています。