ノビル

ノビルがわかる!その魅力とは

ノビルの魅力とはなんでしょうか。
ノビルの魅力は、その独特の香りと、栄養価の高さだと言われています。
ノビルは、白い球根の地下茎を食べる山菜なのですが、香りは、たまねぎにも似ており、実には辛味があるため、薬味としてだけでなく、お味噌汁の具材としても使われています。
そして、ノビルには、カロテンやビタミン群、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれているため、バランス良く栄養素を吸収出来るのも、大きな魅力だと言えるでしょう。
ノビルは、100gあたり700円~900円と、高価な山菜ですが、その分、香りや、栄養面で魅力ある食材だと言われています。

ノビルの栄養と効能

ノビルには、どんな栄養分があるのでしょうか。
ノビルは、本当に色々な栄養素をバランス良く持っている野菜のひとつです。
ノビルには、βカロテン、カリウム、ビタミンC、K、B2、カルシウム、鉄などが豊富に含まれています。
βカロテンは、体内に入ると、ビタミンAに代わり、疲労回復や抗酸化作用も高いと言われています。
また、ノビルの辛み成分は、ビタミンB1の吸収率を高めるだけでなく、抗がん作用、免疫回復などの高価があると言えるでしょう。
ちなみに、ノビルの葉っぱにも栄養分が含まれていますが、栄養素の量が多いのは、ノビルの白い鱗茎(りんけい)の部分だと言われています。

ノビルのカロリー

ノビルには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ノビルのカロリーは、100gあたり65gほどだと言われています。
ノビルは、地下に埋まっている球根の部分を食用にするので、栄養素がつまっている分、カロリー数も高いと言えるでしょう。
ノビルは、ネギ属の植物で、香りもたまねぎに近いと言われる植物なのですが、含まれる栄養素は、とてもバランスが良く、健康高価が高いと言われています。
また、カロリーが高くても、ノビルは、お味噌汁の具材として使う場合には、そこまで沢山の量を取らないので、ダイエット中の方にも、オススメの食材だと言えるでしょう。

おいしいノビルの見分け方

ノビルのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
ノビルは、鱗茎(りんけい)という土に埋まった白い玉の部分を食用にする山菜です。
土を洗うと、ノビルの鱗茎の白さが際立つのですが、実際に目で見てから購入出来る場合には、鱗茎にくすみなどが無く、傷もついていないものを選びましょう。
そして、ノビルの葉っぱも、緑色が強く、水分量が多いものの方が、鮮度が高いと言われています。
ただ、ノビルは、葉っぱを切らない状態で保存すると、鱗茎の方が、葉っぱに水分を吸い取られて乾燥してくるので、葉っぱと鱗茎の両方を見て判断するのが良いでしょう。

ノビルの価格の目安

ノビルの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
ノビルの価格は、100gあたり、900円ほどすると言われています。
ノビルは、山菜の中でも人気があるだけでなく、収穫量がとても少ないため、価格が、他の山菜と比べると、高めに設定されています。
ものによっては、100gで、100円ほどの山菜もあるのですが、それに比べると、ノビルは、かなり高価な食材だと言えるでしょう。
ちなみに、ノビルをお店で食べる場合には、予算も3000円以上と高価なので、ノビルを食べた事の無い方も、とても多いと言われています。
ノビルが沢山摂れる地元でないと、ノビルを食べる機会はそう沢山無いのです。

ノビルの有名産地

ノビルの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
ノビルの産地は、宮城県などが有名だと言われています。
ノビルというと、生産量自体が少なく、産地と言うのはバラバラなのですが、その中でも、宮城県では、ノビルの出荷量が多いと言えるでしょう。
元々、ノビルは、中国から日本に伝わった野菜で、現在でも栽培はされていますが、収穫時期は限られているため、価格も、高めに設定されています。
また、鮮度が落ちやすいため、中国から輸入する事は少なく、国内産の数少ないノビルだけが市場にでている分、価格が落ちる事もないと言えるでしょう。
ノビルは、産地で新鮮なものを食べるのが一番なのです。

ノビルの種類

ノビルは、どんな種類の植物なのでしょうか。
ノビルは、ネギ属の植物で、地上に葉っぱを出していますが、基本的には、地下に埋まっている球根が、食用とされます。
このノビルは、たまねぎのような香りがするだけでなく、ネギのような辛み成分も含んでいる為、薬味だけでなく、おつまみとしても人気があります。
しかし、出荷量自体がとても少ないため、価格も他の野菜類と比べると高めで、一般には、あまり入手出来ないと言われています。
また、アメリカ大陸には、ノビルと近い種類のワイルドオニオンという品種があり、こちらも食用として、広く食べられているそうです。

ノビルの保存方法

ノビルは、どのように保存するのが良いのでしょうか。
ノビルは、葉っぱがついている状態で販売されているのですが、購入した後は、土を洗い落として、葉っぱを早めに切った方が良いと言われています。
葉っぱをつけたままだと、保存している間に、ノビルの実の水分が、葉っぱに取られてしまい、一番重要な実が枯れてしまう事もあるのです。
そして、ノビルの実は、全体が真っ白になる位まで、土をキレイに洗い落としてから、熱湯で1分ほど茹でて、ザルにあげます。
湯通しすれば、そのまま味噌につけて食べる事も出来ますし、ノビルの葉っぱの部分は洗ってから、炒め物にしても食べられるので、切ったその日に調理してしまいましょう。

ノビルの食べ方

ノビルは、下準備が必要な野菜なのでしょうか。
ノビルは、辛味が強いため、食べやすくする為にも、下準備をした方が良いでしょう。
ノビルは葉っぱがついた状態で販売されている事が多く、土付きの場合には、特に球根の部分を良く洗った方が良いでしょう。
葉っぱは早い段階で切り落として、熱湯で球根の部分のみを1分ほど下ゆでします。
葉っぱを捨ててしまう方もいるのですが、切ったばかりなら炒め物にして食べられるので、捨てない方が良いでしょう。
球根部分は、した茹で後にそのまま食べる事も出来ますが、薬味として刻んでも良いですし、お味噌汁の具材として使うのも、ノビルの香りが引き立っておいしいと言われています。

ノビルの簡単な定番レシピ

ノビルのレシピには、どんな種類があるのでしょうか。
ノビルは、下ゆでした後にそのまま食べる事も出来る食材です。
その為、軽く茹でたノビルに味噌やマヨネーズを付けるだけでも、独特の辛味があり、お酒のおつまみとしてもおいしく食べられると言えるでしょう。
また、ノビルを下ゆでしてから、お味噌汁の具材としていれるのもオススメで、ノビルの栄養分は水溶性ではないので、炒め物にするのも、おいしいと言われています。
ちなみに、ノビルの葉っぱも切ったすぐ後なら、炒め物にして食べるのも、ノビルの香りが良いので、お肉などを合わせると良いでしょう。

ノビルの栽培

ノビルは、自分でも栽培出来るのでしょうか。
ノビルは、球根部分を食べる植物ですが、育ちすぎるとうま味が減ってしまうので、自家栽培はあまりオススメ出来ません。
自家栽培する場合にも、球根から育てるのが普通ですし、一般の方が育てようとすると、食べごろを過ぎてしまう事が多いのです。
また、市販されているノビルと比べると、自家栽培のノビルは、辛味が弱く、香りも感じにくい場合が多いので、数年に渡って栽培を進めるつもりなら、ノビルの栽培を始めてみるのも良いでしょう。
ちなみに、ノビルは、栽培するスペースを多く使う割に、収穫量が少ないので、その点も頭に入れておいた方が良いようです。