ヨメナ

ヨメナがわかる!その魅力とは

ヨメナの魅力とはなんでしょうか。
ヨメナの魅力は、栄養のバランスが良く、食用以外でも、入浴剤などに使われている為、様々な用途で楽しめる事だと言われています。
まず、ヨメナには、βカロテン、リン、葉酸、食物繊維、ビタミン群などが豊富に含まれており、疲労回復、リラックス効果、美容効果などが期待出来ると言われています。
ヨメナは、葉っぱの部分を食用にするのですが、下茹でをせずに天ぷらにしても、香りが良くおいしいですし、ヨメナの花が手に入る場合には、湯船に花をいれるだけで、ヨメナの香りとそこから抽出される成分が、健康にも効果があると言えるでしょう。

ヨメナの栄養と効能

ヨメナには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
ヨメナは、山菜の中でも、特にβカロテンを多く含んでいる野菜です。
βカロテンは、体内に入ると、ビタミンAに変わるという性質が有り、その後、疲労回復に効果があると言われています。
そして、ヨメナには、ビタミンCも含まれており、美肌を作るのにも役立つと言えるでしょう。
また、ヨメナの花を浴槽に入れると、その香りでリラックス効果もありますし、殺菌効果もあるので、風邪予防にも効果的だと言われています。
その為、ヨメナは食用だけでなく、違う用途でも健康への効果のある植物だと言えるでしょう。

ヨメナのカロリー

ヨメナには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ヨメナは、100gあたり、46カロリーが含まれていると言われています。
このヨメナは、野菊の仲間で、食用にするのは若菜の部分だけなのですが、栄養素が高い分、カロリーも高めになっていると言えるでしょう。
ただ、ヨメナには、βカロテンが豊富に含まれており、疲労回復には、とても効果のある山菜ですし、ヨメナを大量に食べる事自体がないので、ダイエット中の方でも、そこまでカロリーを気にしないで食べられると言われています。
ちなみに、ヨメナは、花の部分を入浴剤として使う時もありますが、食用にするのは、若葉の部分だけなので、それも覚えておきましょう。

おいしいヨメナの見分け方

ヨメナは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
ヨメナは、春頃に収穫される山菜の一種で、特に、葉っぱの部分だけを食べます。
スーパーや、ネットなどでは、新鮮なヨメナの葉っぱがパック売りされている事が多く、葉っぱの色が明るい物を選んだ方が良いと言われています。
ヨメナの葉っぱは、柔らかく、若干小さいのが特徴で、一部で変色などがある場合には、その部分を捨ててしまいましょう。
また、葉っぱが大きすぎる場合には、成長し過ぎている事が多く、苦みも強くなると言われているので、その点では、葉っぱの大きさにも注意した方が良いと言われています。

ヨメナの価格の目安

ヨメナの価格は、いくらぐらいが相場なのでしょうか。
ヨメナは、販売元によっても異なりますが、1パック、380円~500円ほどだと言われています。
ヨメナは、春の時期にしか出荷されない山菜の一種なので、50g~100gあたりの価格でも、500円ほどしますから、少し高めの山菜だと言えるでしょう。
このヨメナは、ネットを通せば、比較的手に入りやすいと言われており、一般のスーパーでは、扱いがほとんど無いため、気になる方は、時期の少し前から、マメにネットで調べてみるといいそうです。
春の山菜は、少し値段が高くても、その分栄養素も高いと言われています。

ヨメナの有名産地

ヨメナの産地と言えば、どこなのでしょうか。
ヨメナは、元々、中国やインドから日本に伝わった植物で、現在日本国内では、本州から九州、四国にかけて生息していると言われています。
このヨメナは、3月~4月に若菜を摘み取って、食用にされる事が多く、特に奈良県や徳島県などのヨメナの収穫量は多いと言えるでしょう。
また、ヨメナは、自分で栽培する事も可能ですし、鉢なども販売されているのですが、この場合には、食用とするよりも、観葉植物や、花を採取して、お風呂にいれるなどの使い道がメインになると言われています。
ヨメナの購入はネットでも出来るので、興味のある方は、調べてみると良いでしょう。

ヨメナの種類

ヨメナは、野菊の仲間の植物で、国内でもいくつかの種類があると言われています。
まず、ヨメナは種子の冠毛の長さが0.5ミリほどで少し大きく、カントウヨメナだと、この長さも、0.25ミリほどになるそうです。
そして、ヨメナには、さらにシロヨメナという種類もありますが、こちらは花自体が少し小さめだと言われています。
ヨメナは、葉っぱの部分を食用にしたり、花を乾燥させて、アロマや入浴剤にする事もあるのですが、食用にしておいしいのは、ヨメナという種類です。
逆に、カントウヨメナやシロヨメナは、食用にしても、おいしくないため、販売される事も少ないと言えるでしょう。

ヨメナの保存方法

ヨメナは、どうやって保存すれば良いのでしょうか。
ヨメナは、パック売りされている事が多いので、購入したら、冷蔵庫の野菜室で保存するのが良いと言われています。
ただ、ヨメナは、葉っぱの部分を食べる山菜なので、あまり長期間冷蔵庫に入れると、葉っぱがしおれてきますし、何よりも、アクが増して、苦みが強くなってしまうので、購入から3日以内には使い切った方が良いでしょう。
早くヨメナを使い切れるレシピとしては、おひたしや天ぷらがオススメで、新鮮なヨメナが手に入った場合には、下茹でをせずに、そのまま天ぷらにすると、ヨメナの香りや食感を楽しめると言われています。

ヨメナの食べ方

ヨメナは、どの部分を食べる山菜なのでしょうか。
ヨメナは、若菜の部分のみを食べる山菜で、時期になるとスーパーでも、ヨメナをパック売りしている場合があるようです。
そして、ヨメナの食べ方は様々で、下茹でをせずに、天ぷらにする事も出来ますし、すぐに使い切れない場合には、下茹でをしてタッパーで保存し、必要な時に、おひたしにするのも良いでしょう。
とくに、ヨメナは、そこまでアクが多くないので、苦みも強くないですし、ゴマ和えなどにしても、おいしいと言われています。
ちなみに、ヨメナは、βカロテンやビタミン群を豊富に含んでいるため、あまり火を通しすぎない方が、栄養素を守れると言えるでしょう。

ヨメナの簡単な定番レシピ

ヨメナは、どんな風に調理するのが定番なのでしょうか。
ヨメナが沢山収穫出来る地域では、「ヨメナごはん」というのが、定番だと言われています。
材料は、ヨメナ100g、ごはん4合で、好みでお塩や醤油で味付けをします。
作り方はとても簡単で、ごはんを洗って、炊飯している間にたっぷりのお湯にヨメナを入れて1分ほど茹でて水気を切り、ヨメナを包丁で細かく刻みます。
出来上がったごはんに刻んだヨメナを混ぜ込んで、香りがつくようにすこしフタをして、味付けとして塩や醤油をお好みでかけたら出来上がりです。
また、ヨメナは、下ゆでしてから保存した方が、悪くなりにくいので、すぐに使わない場合でも、下ゆでは済ませておいた方が良いでしょう。

ヨメナの栽培

ヨメナは、自分でも、栽培出来るのでしょうか。
ヨメナは、鉢植えとしても販売されている植物で、あまり寒くない地方であれば、一般家庭で栽培するのも難しくありません。
このヨメナは、野菊の仲間ですから、見た目も可愛らしいですし、山菜として、若菜を採れる量は少なくても、花を摘んで、入浴剤に使ったり、その用途は幅広いと言えるでしょう。
ヨメナを栽培する時には、明るい半日陰、水はけの良い場所を選ぶのが良いのですが、基本的には、肥料も要りませんし、土が原因で枯れてしまうこともありません。
ヨメナは1鉢400円ほどで販売されており、購入しやすい種類の植物だと言えるでしょう。