ヨブスマソウ

ヨブスマソウがわかる!その魅力とは

ヨブスマソウの魅力とはなんでしょうか。
ヨブスマソウの魅力は、調理が比較的簡単で、お酒のおつまみにもしやすい事だと言われています。
ヨブスマソウの調理法は様々で、軽く茹でてから、醤油やマヨネーズをかけておひたしにしても良いですし、鍋物やお味噌汁の具材として使うのもオススメです。
また、お酒のおつまみにも合うと言われているのは、ヨブスマソウに独特の苦みがあるためで、特に日本酒との相性が良と言われています。
ちなみに、ヨブスマソウは、4月~5月にかけてのみ収穫される山菜なので、その点では、入手も比較的難しく、貴重な種類の山菜だと言えるでしょう。

ヨブスマソウの栄養と効能

ヨブスマソウには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
ヨブスマソウは、昔から春先に食べられている山菜のひとつですが、最近では、ヨブスマソウの中に、メラニンや皮膚がんを抑制する効果があると発表されています。
太陽を浴びると、皮膚の中のメラニンが集まり、肌に紫外線を通しにくくしようと、シミなどを作ってしまいますが、このヨブスマソウの栄養成分には、このメラニンの生成を抑え、皮膚がんを予防してくれる効果があるそうです。
その為、春頃に収穫されるヨブスマソウは、美白や日焼け後の対策としても大変有効な食材だと言えるでしょう。

ヨブスマソウのカロリー

ヨブスマソウには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
ヨブスマソウのカロリーは、100gあたり、22カロリーほどだといわれています。
ヨブスマソウは、葉ものの山菜ですし、茎の部分も水分が多いため、山菜類の中でも、低カロリーな食材だと言えるでしょう。
ただ、ヨブスマソウは、4月の下旬~5月の中旬しか収穫出来ない山菜なので、その点では、毎日の食事に使うのが難しい食材です。
ヨブスマソウは、メラニンや皮膚がんの細胞発生を抑制する効果があると言われているため、美白を目指している方にもオススメですが、日常的に食べると言うよりも、季節物として、その時期に食べた方が、栄養バランスも良いと言われています。

おいしいヨブスマソウの見分け方

ヨブスマソウは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
ヨブスマソウは、キク科の山菜なのですが、見た目は、フキにも似ており、おいしさを見分けるポイントも共通していると言われています。
まず、ヨブスマソウの葉っぱの部分は、濃い緑色をしている方が良いと言われており、虫食いなどがあっても、基本的にその部分だけを取り除けば良いでしょう。
また、ヨブスマソウの茎にある程度の太さがあるかどうかも重要で、目安としては、大体茎の太さが0、7ミリ~1センチほどの物が良いようです。
しかし、あまりに茎が太すぎると、成長のしすぎで、食用にはあまり適さないと言われています。

ヨブスマソウの価格の目安

ヨブスマソウの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、販売先や商品によっても異なりますが、食用のヨブスマソウは、100gあたり、120円から購入出来ると言われています。
まだ、物によっては、100gからではなく、300gほどの量でないと、購入出来ない場合もあると言えるでしょう。
また、ヨブスマソウは、苗の販売も盛んに行われており、9センチのポット苗であれば、1鉢480円から購入出来るそうです。
ちなみに、ヨブスマソウは、4月の下旬から5月の中旬までしか収穫出来ない山菜なので、スーパーでも、ヨブスマソウを販売しているお店は少なく、手に入りにくい種類だと言えるでしょう。

ヨブスマソウの有名産地

ヨブスマソウの産地は、どこが有名なのでしょうか。
ヨブスマソウは、全国で自生している事の多い山菜のひとつですが、ヨブスマソウの収穫量が多いのは、秋田県や、岩手県などの東北だと言われています。
ヨブスマソウは、「ぼんな」「どうな」などの名前で呼ばれる事もあるのですが、これらは全て同じ植物を指しており、秋田県では、収穫した天然のヨブスマソウを出荷する事が多いようです。
最近では、栽培されたヨブスマソウを販売する業者も増えて来ていますが、ヨブスマソウ独特の香りや、シャキシャキの食感も、天然のヨブスマソウよりかは劣ってしまうと言えるでしょう。

ヨブスマソウの種類

ヨブスマソウとは、どんな種類の山菜なのでしょうか。
ヨブスマソウは、4月の下旬から5月の中旬にかけて収穫される山菜の一種で、見た目はフキに似ていますが、品種としては、キク科の植物です。
このヨブスマソウは、葉っぱだけでなく、茎も食べる事が出来、独特の苦みがあるものの、栄養価が高く、最近では、ヨブスマソウが皮膚がんやメラニンの生成を抑制する効果もある山菜として知られています。
ヨブスマソウは、国内ではあまり種類が無い山菜のひとつで、呼び名としては、ヨブスマソウの他に「ボウナ」とも呼ばれています。
しかし、基本的には、同じ種類の植物を指しているので、ヨブスマソウの見かけさえ覚えていれば、間違えて他の山菜を収穫する事もないでしょう。

ヨブスマソウの保存方法

ヨブスマソウは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
ヨブスマソウは、春の山菜のひとつで、生の状態だと悪くなりやすいと言われています。
その為、収穫後、または購入後は、冷蔵庫で保存して、出来るだけ早めに下茹でをした方が良いでしょう。
下茹でをする場合には、まず、茎の部分と葉っぱの部分に分けて、一口大に切り、沸騰したお湯で茎を30秒ほど茹でてから、葉っぱも投入してまた15秒~30秒ほど茹でます。
その後は、しっかりと水を切って、タッパーなどで保存し、出来るなら3日以内に食べきった方が良いと言われています。
ちなみに、ヨブスマソウを天ぷらにする場合には、下茹でをする必要はありません。

ヨブスマソウの食べ方

ヨブスマソウは、どんな風に食べる山菜なのでしょうか。
ヨブスマソウは、葉ものの山菜ですが、基本的に調理法は、他の山菜と同じです。
採れたてのヨブスマソウは、そのまま天ぷらにすると食感が良くおいしいと言われています。
しかし、すぐに全てのヨブスマソウを食べきれない場合には、一度した茹でをして保存したり、使うときにおひたしにしたり、和え物にするという方法もオススメです。
ヨブスマソウは、少し苦みがある山菜ですが、山菜をあまり食べなれていない方や、ヨブスマソウを食べるのが始めての方でも食べやすく、特に日本酒と合わせるおつまみとしては、かなりおいしいと言われています。

ヨブスマソウの簡単な定番レシピ

ヨブスマソウのレシピには、どんな種類があるのでしょうか。
ヨブスマソウは、葉もの野菜なので傷みが早く、すぐに使わない場合でも、下茹でをしてから保存した方が良いと言われています。
例えば、ヨブスマソウのおひたしを作る場合にも、沸騰したお湯で、茎を30秒、そのご葉っぱを投入してさらに30秒ほど茹でます。
その後は、水を切って、タッパーなどに入れておけば良く、お味噌汁や、お鍋の具材にすると言う方もいるそうです。
ただ、新鮮なヨブスマソウは、シャキシャキとした食感が特徴的なので、その点で、収穫してすぐの場合には、天ぷらにして食べるのもオススメです。

ヨブスマソウの栽培

ヨブスマソウは、栽培出来るのでしょうか。
最近は、栽培されたヨブスマソウも増えて来ており、一般家庭では難しいかもしれませんが、東北など気候が冷たい土地なら、栽培も可能だと言えるでしょう。
ヨブスマソウの種子を採取するのは、9月中旬~10月上旬ごろが良いと言われており、種子を採取してから、種をまくまでの期間は短い方が、種の乾燥を防げるため、発芽する可能性が高くなるそうです。
また、ヨブスマソウの種子を湿らせたモミの殻炭に入れて、冷蔵庫で保存すると、その分、芽も出やすくなると言えるでしょう。
ちなみに、栽培されたヨブスマソウは、天然のヨブスマソウに比べると、食感や香りが少し劣ると言われています。