たらのき

たらのきがわかる!その魅力とは

たらのきの魅力とはなんでしょうか。
たらのきの魅力は、栄養分が豊富で、山菜として食べられる「たらの芽」は、人気も高い事だと言われています。
まず、たらのきの樹皮は、糖尿病や、滋養強壮などに有効だと言われており、たらの芽を食べる事でも、同じような健康の効果を得られるそうです。
そして、たらのきは、たらの芽を山菜として食べるだけでなく、たらのきの樹皮の部分をお茶にした「たらのき茶」も販売されており、人によって、食べ方を選べるのも、ひとつの魅力だと言えるでしょう。
ちなみに、たらのきは、自宅で育てる事も出来るので、あまりたらのきにお金をかけたくない方は、自分で栽培してみるのもオススメです。

たらのきの栄養と効能

たらのきには、どんな効能があるのでしょうか。
たらのきは、昔から健康への効果が非常に高い植物として知られていました。
たらのきの樹皮をお茶にして飲むと、整腸作用、肝臓保護、糖尿病予防、高血圧予防などに効果があると言われています。
その為、たらのきの樹皮をお茶に加工した商品も販売されていますが、たらのきを自分で育てて、樹皮を熱湯に入れて、栄養分を抽出してから、飲むのも良いと言えるでしょう。
また、たらの芽にも、たらのきの樹皮と同じ効能があると言われており、山菜として食べると、アクが多いため、苦みも強いのですが、健康への効果が抜群に高いと言われています。

たらのきのカロリー

たらのきのカロリーは、どれくらいなのでしょうか。
たらのきには、100gあたり、27カロリーが含まれています。
たらのきの樹皮には、豊富な栄養成分が含まれており、たらの芽にも、健康効果があると言われていますが、1年通して収穫出来る樹皮の方が、日常的に摂取出来ると言う面で、優れていると言えるでしょう。
また、たらのきの樹皮は、お茶として飲まれる事がほとんどで、自宅で栽培しているたらのきの樹皮からも簡単に作る事が出来るので、糖尿病の症状がある方は、日常的にたらのき茶を飲むのがオススメです。
たらのきのダイエット効果は、そこまで高くありませんが、体全体の調子を整えてくれる分、代謝は良くなると言えるでしょう。

おいしいたらのきの見分け方

たらのきのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
たらのきは、木の種類なので、気だけでおいしさを見分けるのは難しいと言われています。
たらのきは、大きな物だと2メートル~4メートルまで高く伸びる木で、樹皮は、お茶にも出来ますが、健康な樹木を見極めるのは難しいでしょう。
また、たらのきの実は、タラの芽ですが、これは春先に良くスーパーなどで販売されていますし、色合いが良く、乾燥していないものを選ぶのが良いと言われています。
ただ、タラの芽の場合には、香りでおいしさを判断するのが難しいため、始めてたらの芽を試す方には、見分けが難しいかもしれません。

たらのきの価格の目安

たらのきの価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
たらのきの価格は、商品によっても異なります。
まず、たらのきは、山菜として販売している事が少ないため、価格も50gあたり、200円ほどすると言えるでしょう。
また、たらのきの苗木は、15センチ~30センチほどのもので、価格が540円ほどで、植え付けから収穫まで、大体3年ほどかかると言われています。
さらに、たらのきをお茶に加工した「たらのき茶」は、150gほどで3000円が、大体の相場だと言えるでしょう。
同じたらのきでも、形や商品によって、大きく値段は異なると言われています。

たらのきの有名産地

たらのきの産地と言えば、どこなのでしょうか。
たらのきの産地は、様々ですが、その中でも、鳥取県は有名です。
たらのきは、栽培用の樹木としても販売されていますが、その苗木の多くは、鳥取県から販売されていますし、最近では、ネット通販を使えば、一般の方でもお取り寄せが可能です。
また、たらの芽の産地も、鳥取県だけでなく、徳島県など様々ですが、たらの芽は野生のたらのきから収穫出来るので、その点では、鳥取県よりも、山菜の産地として有名な徳島県の方が、出荷量が多いと言われています。
ちなみに、たらのき茶の出荷は、鳥取県の方が盛んだと言えるでしょう。

たらのきの種類

たらのきには、どんな種類があるのでしょうか。
たらのきは、大きく分けて、トゲ有りの種類と、トゲ無しの種類があります。
樹皮を煎じて飲んだり、たらの芽を摘めるのは、基本的にトゲ無しのたらのきで、たらのきのトゲは、かなり強いので、山菜採りの方は、見た目だけで近づくのが嫌になってしまうほどだと言われています。
また、栽培用として市販されているのも、このトゲ無しのたらのきで、自宅で栽培していれば、樹皮を採って煎じるのも、安価で日常的に出来るので、オススメだと言えるでしょう。
しかし、栽培の場合には、山菜であるたらの芽を採るのが難しいと言われています。

たらのきの保存方法

たらのきには、どんな種類があるのでしょうか。
たらのきは、大きく分けて、トゲ有りの種類と、トゲ無しの種類があります。
樹皮を煎じて飲んだり、たらの芽を摘めるのは、基本的にトゲ無しのたらのきで、たらのきのトゲは、かなり強いので、山菜採りの方は、見た目だけで近づくのが嫌になってしまうほどだと言われています。
また、栽培用として市販されているのも、このトゲ無しのたらのきで、自宅で栽培していれば、樹皮を採って煎じるのも、安価で日常的に出来るので、オススメだと言えるでしょう。
しかし、栽培の場合には、山菜であるたらの芽を採るのが難しいと言われています。

たらのきの食べ方

たらのきを育てている場合には、どんな風に、たらのきを加工したら良いのでしょうか。
たらのきは、たらの芽が出来る木ですが、栽培の場合には、芽がでない場合もあるので、基本的には、樹皮を使って、お茶にするのが良いでしょう。
たらのきの樹皮は、比較的簡単に剥がれますから、軽く水で汚れを落としてから、熱湯に3分ほど漬けておき、その後取り出します。
たらのきのお茶には、強壮作用、整腸作用、肝臓保護、高血圧・糖尿病予防、疲労回復などの、様々な効果があり、日常的に煎じて飲む事で健康効果が得られると言われています。
また、長期で保存する場合には、天日干しをしてから、保存するのが良いでしょう。

たらのきの簡単な定番レシピ

たらのきは、どんな料理に使えるのでしょうか。
たらのきは、木の種類のひとつなので、あまり食用には向いていません。
料理にいれる事自体、ほとんどありませんが、たらのきには、豊富な栄養成分が含まれているため、たらのきの樹皮を熱湯に入れて、栄養分を抽出して、お茶として飲む方が一般的だと言えるでしょう。
もちろん、たらのきの芽である「たらの芽」は、春の時期にのみ出来る山菜で、天ぷらにして食べられる事が多く、たらの芽独特の苦みが、春の季節の味だと言われています。
ちなみに、たらの芽は、苦みが強い分、サラダなどには向いていない食材だそうです。

たらのきの栽培

たらのきを育てるのは難しいのでしょうか。
そんな事はありません。
たらのきは、ネットでも簡単に購入出来る木ですし、樹皮を採ってお茶にすれば、高い健康効果を得られると言われています。
ただ、たらのきは、大きいものになると2メートルから4メートルまで高く伸びてしまうので、地植えで育てる事が大前提です。
苗木から収穫出来るまでには、大体3年ほどかかると言われており、販売されているのは、トゲの無いたらのきなので、栽培も簡単だと言えるでしょう。
ちなみに、たらのきは、樹皮や芽だけでなく、根っこにも栄養素がつまっており、干してからお茶にすると良いと言われています。