水菜

水菜がわかる!その魅力とは

水菜の魅力とはなんでしょうか。
水菜の魅力は、そのシャキシャキした食感と、食べやすさだと言われています。
水菜は、生食も出来ますし、焼いたり、茹でたりしてもおいしいのですが、特に新鮮な水菜は、生で食べると、とても歯ごたえがよく、サラダなどに添えてもおいしいと言えるでしょう。
そして、水菜は、クセが少ない葉もの野菜なので、様々な料理に応用が利きますし、臭みもほとんど無い為、幅広い世代に好まれるというのも、大きな魅力です。
ちなみに、水菜にはカリウムや、βカロテンなどが豊富に含まれているため、抗酸化作用や、風邪防止など、健康への効果も高いと言えるでしょう。

水菜の栄養と効能

水菜には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
水菜は、カリウムや、βカロテンを豊富に含んでいると言われています。
まず、カリウムは、体に溜まったナトリウムを体外に出してくれる効果がある為、高血圧の予防にオススメです。
そして、βカロテンは、体内に入るとビタミンAに変わって、疲労回復や、老化防止などの効果が出ると言えるでしょう。
さらに、水菜には、美肌を作る上で欠かせないビタミンCも含まれており、風邪予防などにも良いと言われています。
水菜がおいしくなるのは、冬の季節ですから、体調回復や風邪対策は、とても重要だと言えるでしょう。

水菜のカロリー

水菜には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
水菜は、100gあたり、23カロリーが含まれていると言われています。
23カロリーというと、葉もの野菜の中では平均的な数字で、水分量が多い分、沢山食べても太りにくい野菜だと言えるでしょう。
水菜は、一袋で結構な量が入っているため、中には水菜を使ってダイエットをする方もいるようです。
水菜ダイエットは、夕ご飯を水菜や白菜などの葉もの野菜を使った鍋物にすると言う物で、摂取カロリーが低い分、痩せやすいと言われています。
しかし、適度に栄養を取る為には、鶏肉と合わせるなど、栄養バランスに気を使う事が大切です。

おいしい水菜の見分け方

水菜には、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
おいしい水菜とは、鮮度が高い水菜なので、選ぶ時には、鮮度の良さをポイントにしましょう。
例えば、葉っぱの色が鮮やかな緑色をしており、茎の部分にも、ツヤがあるものは、収穫からまだそこまで時間が経っていないという証です。
逆に、茎が半透明になっている場合には、少し鮮度が落ちているので、生食にすると、シャキシャキとした食感が感じられない場合もあると言われています。
ちなみに、水菜のカブの根元も、白の色が強い物を選ぶ方が良いと言われており、茶色く変色していない物を選ぶのが良いでしょう。

水菜の価格の目安

水菜の価格は、いくらぐらいが相場なのでしょうか。
水菜の価格は、一束200gほどで、250円が相場だと言われています。
もちろん、購入する時期によっても、価格は異なるのですが、水菜のおいしくなる冬のシーズンには、価格も250円程度で安定する事が多いと言えるでしょう。
また、ネットでは、水菜を箱買いする事も出来、その分安くなる事が多いようです。
ちなみに、最近では、家庭菜園用の水菜の苗も販売されており、こちらの価格は、1つ300円位が、価格の目安だと言えるでしょう。
水菜は、しっかりと育てれば、かなり立派な束が出来るほどになるので、家庭菜園をやっている方にはオススメです。

水菜の有名産地

水菜の産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
水菜は、京都で栽培されていた野菜なのですが、現在では、茨城県が水菜の生産量の32%を占めていると言われています。
水菜の栽培量も年々増えて来ており、茨城県の他にも、福岡県や埼玉県などでよく収穫されているそうです。
水菜は、鮮度が低くなると、歯ごたえが無くなってしまうため、海外からの輸入はとても少ないと言われていますが、水菜の産地には、様々な県があるため、その点では、どこでも育てやすい野菜だと言えるでしょう。
ちなみに、水菜の記事は、冬から春で、一番需要が安定するのが、3月~5月だと言われています。

水菜の種類

水菜には、どんな種類があるのでしょうか。
水菜には、大きく分けて2種類があります。
私達が普段口にする事の多い水菜は、「京菜」と呼ばれている種類で、京都在来の種類です。
この京菜は、葉に深い切れ込みがある種類で、葉が柔らかいため、生食の他に漬け物や、鍋物に最適だと言われています。
もうひとつの、「壬生菜(みぶな)」という種類は、葉に切れ込みがなく、葉のフチが、へらのように丸いという特徴があります。
風味は、京菜とほとんど同じですが、壬生菜は、あまり一般に販売されておらず、京都を中心に食べられていると言えるでしょう。
ちなみに、どちらの種類も、若干からみを感じる時もあると言われています。

水菜の保存方法

水菜は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
まず、水菜は、袋入りの束になって販売されている事が多いのですが、すぐに食べきる場合には、そのまま冷蔵庫に入れてしまっても良いそうです。
しかし、購入から3日以上しないと食べきれない場合には、新聞紙などで水菜を包んでから、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に、立てかけるように保存するのが良いでしょう。
立てかける事で、水菜の鮮度が落ちるスピードを遅くする効果があると言われています。
また、水菜は、シャキシャキとした食感が魅力ですから、購入後は、生のサラダにしても良いですし、数日立ってしまった場合には、鍋物などにするのがオススメです。

水菜の食べ方

水菜は、生でも食べられるのでしょうか。
葉もの野菜の多くは、アクが強く、一度茹でたりしないと食べられない場合が多いのですが、水菜の場合には、生のままサラダにするのもおいしいと言われています。
水菜は、サラダにする場合にも、色々なバリエーションを楽しめるため、シンプルに水菜をざく切りにして、マヨネーズとポン酢であえたり、青じそドレッシングでさっぱり頂くのも良いでしょう。
また、豚しゃぶに合わせるサラダにしても、水菜が味のアクセントになりますし、ベーコンなどを乗せて、イタリアンドレッシングでもおいしいと言われています。
サラダひとつでも、水菜は沢山のバリエーションを楽しめるでしょう。

水菜の簡単な定番レシピ

水菜には、どんなレシピがあるのでしょうか。
水菜は、シャキシャキ感がある葉もの野菜なので、どんなレシピに使う場合でも、最後の方に水菜をいれるなど、食感を残す工夫が必要です。
水菜は、生でも食べられるのですが、一度に沢山消費したい場合には、鍋物に使うのがオススメです。
水菜は、さっと火が通れば良いので、調理時間も20秒くらいで済みますし、水菜の他にたくさんの野菜を一緒に食べられるのも、鍋物の魅力です。
また、パスタの和風ソースとして、水菜をキノコと一緒に炒めてもおいしいですし、豚肉の煮物の最後に水菜を入れて、調理する事も出来ます。
好みによって、沢山のレシピを試してみると良いでしょう。

水菜の栽培

水菜を家庭菜園で育てる場合には、気温などによって、時期も異なります。
水菜の種まきは、3月の中旬~10月の後半まで行われており、特に温暖地で栽培する場合には、種まき、追肥、収穫の時期が長くとれると言われています。
最近では、水菜の苗も販売されており、始めての方は、苗から始めるのがオススメで、特に低温期に苗が冷えすぎないようにシートをはったりする必要があるでしょう。
そして、水菜は乾燥に弱い為、水やりもたっぷりやる必要がありますし、根がかなり深くまで生えるので、プランターでの栽培は少し難しいと言われています。
ただ、水菜は収穫量も多いので、始めての方でも、収穫の達成感を味わえるそうです。