山菜

山菜がわかる!その魅力とは

山菜の魅力とはなんでしょうか。
山菜の魅力は、その季節でしか食べられない旬の味なので、栄養分が高く、風味も強い事だと言われています。
山菜というと、春や秋などの季節に収穫される事が多いのですが、特に春の山菜は、独特の苦みがあり、その苦みが新しい季節を迎える為の体づくりを助けてくれるそうです。
そして、山菜と一言で言っても、その種類は様々で、山菜採りでは、様々な新鮮な山菜を自分で取る事も出来るのが、大きな魅力だと言われています。
また、山菜は、天ぷらだけでなく、うどんやそばのトッピングなど、様々な料理に応用が利くのも、山菜の魅力だと言えるでしょう。

山菜の栄養と効能

山菜には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
山菜は、ビタミンCやβカロテン、タンパク質、カルシウムなどを豊富に含んでいます。
もちろん、栄養素は種類によって栄養成分が異なるのですが、ふきのとうやたらの芽、ゼンマイ、セリなどの種類には、これらの栄養素が多く含まれていると言えるでしょう。
その為、新鮮な山菜を食べる事で、美肌効果、骨・筋肉強化、疲労回復などの様々な効果があると言われています。
しかし、春に収穫される山菜は、特にアクが強いため、調理の前には、アク抜きをしたり、独特の苦みと香りがあるので、なれていない方には、食べにくく感じる事も多いようです。

山菜のカロリー

山菜のカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
山菜は、生で食べる事がほとんど無いため、調理済みのカロリーでは、天ぷらや、炊き込みご飯などのカロリー数が高めです。
春の山菜の天ぷらには、ふきのとうやゼンマイなどが入っている場合が多いのですが、この場合のカロリーは、285カロリーほどです。
そして、炊き込みご飯にする場合には、ご飯のカロリー自体が高い分、350カロリーほどになると言われています。
ちなみに、山菜をトッピングしたそばも360カロリーほどで、うどんの場合には、さらにカロリーが高くなると言えるでしょう。
ただ、その分、栄養素も多く含んでいるので、体に害があるという事はありません。

おいしい山菜の見分け方

山菜は、どうやって、おいしさを見分けたら良いのでしょうか。
山菜と言えば、自分でも山菜採りに行けるのが魅力ですが、山菜の中には、毒性が強い種類も含まれている為、あまり素人判断で、見分けをしない方が良いと言われています。
山菜採りをする場合には、かならず山菜の事をよく知っているベテランが同伴して、食べられる山菜を見極める必要があります。
もちろん、これはキノコ狩りと同じで、本などで確かめようとしても、間違ってしまう場合があるので、あまり山菜採りの知識がないのなら、市販の山菜を購入するほうが無難でしょう。
また、市販の山菜は、その山菜特有の色味が強いものを選ぶと、おいしいと言われています。

山菜の価格の目安

山菜の価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
これは、山菜の種類や、料理によっても異なります。
まず、山菜というのは、ゼンマイやふきのとう、つくし、セリなど、様々な種類を含んでいるため、それぞれ価格にも、ばらつきがあります。
しかし、山菜を使ったメニューなら、山菜うどんや、山菜の天ぷらなど、山菜を数種類集めたメニューもあり、その価格の相場は、山菜うどんなら700円~900円、山菜の天ぷらなら800円~と、相場が大体決まっていると言えるでしょう。
ちなみに、山菜が沢山採れる新潟県や長野県では、他の県よりも、安価で山菜を提供出来ると言われています。

山菜の有名産地

山菜の産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
山菜は、高原や山で収穫される事が多いのですが、日本国内では、新潟県や長野県での収穫量が多いと言われています。
特に、ふきのとうや、たらの芽、セリは、国内での収穫量が多いと言われており、消費量も、山菜の種類の中では人気が高いと言えるでしょう。
また、山菜ではありませんが、トッピング用の山菜の加工品の中には、なめこなどのキノコ類が合わせて入っている場合もあり、実際に、山菜自体は、あまり市販されていない傾向が強いと言われています。
ちなみに、新潟県の中でも、コシヒカリで有名な魚沼では、山菜の収穫量が多いと言えるでしょう。

山菜の種類

山菜には、どんな種類があるのでしょうか。
山菜は、春に収穫される事が多いと言われています。
春の山菜といえば、ふきのとう、たらの芽、ゼンマイ、セリ、行者にんにくが代表的です。
山菜は、それぞれの種類によって、香りなども異なりますが、基本的には、アクが強いという特徴があるため、調理前にアク抜きをする必要があります。
アク抜きは、水に付けたり、洗ったり、湯がいたりする必要があるので、普通の野菜に比べると、手間がかかりますが、その分栄養素が高いといえるでしょう。
また、アク抜きしても、苦みが強い種類が多いので、調理法に工夫するのもオススメです。

山菜の保存方法

山菜を購入した場合には、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
山菜は、鮮度がとても大切な食材なので、購入後は、出来れば3日以内に食べきるのが良いと言われています。
保存は冷蔵庫の野菜室でするのですが、あまり冷やしすぎると苦みが強くなる種類もありますし、収穫した時から栄養分も少しずつ減ってくるので、早めに消費するのに超した事はないのです。
また、山菜は、冷凍保存すると、解凍した時に食感が悪くなってしまう事が多いので、あまりオススメ出来ません。
ちなみに、市販の調理済みの山菜の場合にも、開封から3日以内に食べきった方が、風味が良いと言われています。

山菜の食べ方

山菜の下準備は、どうやったら良いのでしょうか。
春の山菜は、アクが強いため、それぞれの種類に合わせてアク抜きが必要です。
例えば、ふきのとうの場合には、調理前に、たっぷりの水に2時間くらい漬ける必要があり、苦みを取る為には、熱湯でさっと茹でるのも良いでしょう。
たらの芽や、セリの場合には、ふきのとうよりもアクが弱いので、軽く茹でるだけで、十分だと言われています。
また、行者ニンニクの場合には、茹でてもアクが抜けますが、薬味に使ったり、炒め物に使う場合には、アク抜きをする必要が無いので、それも覚えておいた方が良いでしょう。
山菜の食べ方や、調理方法を知ると、春の食材の楽しみも広がると言われています。

山菜の簡単な定番レシピ

山菜の定番レシピとはなんでしょうか。
これは、山菜の種類によっても異なりますが、山菜は、アク抜きをして、天ぷらにしたり、和え物にするのが一般的です。
天ぷらは、調理前に、山菜のアク抜きをして、しっかりと水気を取ってから、あげるという方法がとられます。
ただ、山菜の天ぷらは、ある程度の量が無いと食卓がさみしいので、違う種類の野菜を天ぷらに加えるのも良いでしょう。
和え物は、山菜を茹でて、冷水に取ってから、酢みそやゴマなどと合えるのがおいしいと言われています。
春の山菜は、香りと苦みが特徴的な食材ですから、その点では、本来の味を楽しめる和え物がオススメですし、すぐに作れるので、即席料理としても良いでしょう。

山菜の栽培

山菜は、自分で育てる事も出来るのでしょうか。
これは、種類によっても異なりますが、最近では、栽培用の山菜の苗などが販売されています。
もちろん、山菜は、もともと山の中で育つ事の多い食材なので、気候によっては、育てるのも難しいと言われています。
例えば、たらの芽は、日当りが良く、水分を沢山あげすぎないで育てる事が大切で、プランターよりも地植えの方が合っていると言われています。
また、ふきのとうの場合には、プランターでも育てる事が出来ますが、日当りの良すぎない場所で、水をたっぷりとあげて育てる必要があり、普通の野菜よりも栽培の手間はかかると言えるでしょう。