青味大根

青味大根がわかる!その魅力とは

青味大根の魅力とはなんでしょうか。
青味大根の魅力は、辛味が少なく、ほんのりと甘みを感じられる味にあると言われています。
青味大根は、とても細長く、緑色の部分が多い大根なので、辛味が強いようにも見えるのですが、実際には、普通の大根よりも辛味が弱いため、お刺身のつまや、酢漬けなどにされる事が多いようです。
この青味大根は、元々、京料理に使われる事が多く、青味大根独特の甘みが、宮中や、富裕層に好まれていたと言われています。
一般のスーパーでは、あまり目にする事のない青味大根ですが、機会があれば、一度、その味を試してみるのもオススメです。

青味大根の栄養と効能

青味大根には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
青味大根には、他の大根の種類と同様に、ビタミンC、E、カリウム、カルシウムなどを含んでいると言われています。
ビタミンCは、肌の細胞の生成を助ける栄養分として知られており、美白、美肌に効果が高いと言えるでしょう。
そして、ビタミンEは、抗酸化作用が強いため、老化防止や、毛細血管の強化にも効果的で、こちらも肌荒れなどに効果があると言われています。
さらに、青味大根に含まれるカリウムは、生活習慣病の予防に有効で、特に体に溜まったナトリウムを体外に排出してくれる効果があるため、むくみ防止にも役立つでしょう。

青味大根のカロリー

青味大根には、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
青味大根は、100gあたり、20カロリーほどが含まれていると言われています。
青味大根は、水分量が多い野菜なので、脂肪分自体は少ないのですが、ビタミンC、E、βカロテンなどを豊富に含んでいる為、低カロリーで、ヘルシーな食材だと言えるでしょう。
また、青味大根は、京野菜のひとつで、ヘルシーな京料理に使われてきたので、レシピ自体も、カロリーが低めだと言われています。
ただ、関東地方や、東北地方ではあまり手に入らない大根の種類なので、ネット通販などを使わないと、購入する機会もほとんどないと言えるでしょう。

おいしい青味大根の見分け方

青味大根は、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、青味大根は、普通の大根と違って、季節が限られている種類です。
青味大根のおいしい時期は、6月~7月、9月~3月と言われており、その時期にしか、市場に出回らない野菜だと言えるでしょう。
そして、青味大根を選ぶ時には、大根の皮の表面にツヤとハリがあるだけでなく、葉っぱの水分が多い物を選ぶのが良いと言われています。
もちろん、かなり野菜関係の仕入れに精通していないと、青味大根を直に見て、購入を決める事が難しいくらい、普通の八百屋さんでは販売されていないのですが、青味大根の場合は、鮮度の見極めが、何よりも大切だと言えるでしょう。

青味大根の価格の目安

青味大根の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
青味大根は、一般のスーパーなどで販売されている事がとても少ないのですが、ネットを通せば、時期によって、購入出来る機会があると言われています。
青味大根1ケースの価格は、3000円ほどで、一束5本で300円ほどが相場だと言えるでしょう。
もちろん、一般の家庭で、青味大根1ケースを使いきるのは、とても難しいため、購入するのも、八百屋さんや、料理屋さんなのですが、6月~7月、9月~3月のシーズンには、一般家庭用に、青味大根の束で販売しているお店もあるので、マメにチェックしてみるのがオススメです。

青味大根の有名産地

青味大根の産地と言えば、何所が有名なのでしょうか。
青味大根は、京野菜のひとつで、産地も京都や徳島など、関西方面の地方だと言われています。
関東や東北では、太くて大きい大根の方がポピュラーなのですが、青味大根は、昔から京料理に使われてきた野菜なので、今でも栽培が盛んだと言えるでしょう。
また、青味大根は、ネット上でも販売されていますが、時期になると、他の地域からの注文が多く、すぐに売り切れてしまうので、青味大根が好きな方は、その時期もマメにチェックしておいた方が良いと言われています。
ちなみに、最近では、青味大根の種も販売されているので、自家栽培をする方も増えて来ているそうです。

青味大根の種類

青味大根とは、どんな種類の大根なのでしょうか。
青味大根は、名前の通り、大根の一種なのですが、身全体が細く、緑の部分も多いと言われています。
この青味大根は、普通の大根と比べて、甘みが強い品種なので、昔から京料理のお吸い物の具や、お刺身のツマとして使われてきました。
そして、青味大根は、今でも、京料理で使われていますが、取れる季節が限られているため、あまり一般には出回っていないと言われています。
ちなみに、最近では、青味大根を育てる為の種も販売されており、家庭菜園で青味大根を育てる方も増えて来ているそうです。
土に直植え出来る方は、青味大根の栽培に挑戦してみるのも良いでしょう。

青味大根の保存方法

青味大根は、どんな風に保存したらいいのでしょうか。
青味大根は、お刺身のつまや、お吸い物の具などに使われている野菜で、一本一本の身が細いため、数本をまとめて販売されている事が多いと言われています。
この青味大根は、袋売りされている事が少なく、ケースで販売される事の方が多いのですが、日にちが経つと、青味大根の皮がシワシワになってくるので、長期保存には向かない野菜だと言えるでしょう。
一部は、お吸い物の具にするのも良いのですが、すぐに使いきれない場合には、青味大根を漬け物に加工してしまうのもひとつの方法です。
鮮度が命の青味大根ですから、効率的に使いきって行く必要があるでしょう。

青味大根の食べ方

青味大根は、緑の部分が多い大根ですが、その部分も食べられるのでしょうか。
答えは、「食べられます」。
青味大根は、京料理に使われていた野菜で、お刺身のツマや、お吸い物の具材、緑の皮の部分を、きゅうりに見立てて使われる事もよくあったと言われています。
基本的に、青味大根を食べる時には、皮をむきますが、身が緑っぽくても、問題ないと言えるでしょう。
また、青味大根の葉っぱの部分も漬け物にして食べる事が出来るので、捨てずに加工するのがオススメです。
青味大根は、身が細い分、食べられる部分が少ないので、出来るだけ、ムダのない調理法を心がけた方が良いでしょう。

青味大根の簡単な定番レシピ

青味大根は、どんな風に調理するのがおいしいのでしょうか。
青味大根と言えば、お刺身のツマや、お吸い物の具材など、シンプルな料理に使われる事が多いのですが、ご家庭で食べるのなら、漬け物にするのが良いと言われています。
材料は、青味大根4本、白粗味噌250g、みりん40cc、ガーゼ適量です。
まずは、青味大根の皮をむいて、長い葉を取り除きます。
その後、沸騰したお湯に、青味大根の根を入れて、10秒後に葉を入れて湯がき、水を切ります。
白粗味噌とみりんは一緒に混ぜて、ガーゼの上に敷き、その上に、茹でた青味大根を重ねてから、タッパーなどに入れて、2日間冷蔵庫で保存し、食べる前に味噌を洗い流せば、青味大根の味噌漬けの出来上がりです。

青味大根の栽培

味大根は、自分で栽培する事も出来るのでしょうか。
最近では、青味大根の種も販売されており、直植えで切る土地なら、大きな青味大根を収穫する事も可能です。
青味大根の種まきは、7月~10月で、冷涼地ほど、早めに種まきをした方が良いでしょう。
青味大根の根は、20センチ~25センチにもなるため、土の部分も深くまで柔らかくしておく事が大切です。
そして、肥料を撒いた方が、身が大きく育ちやすいので、土づくりの段階で肥料を撒いておくと良いでしょう。
青味大根の収穫時期は、9月からで、暖地になると、2月まで収穫の時期がずれる場合もあるので、栽培する土地によっても、条件は変わると言われています。