大葉タカナ

大葉タカナがわかる!その魅力とは

大葉タカナの魅力とはなんでしょうか。
大葉タカナの魅力は、自宅で栽培するのも簡単で、栄養素も優れている事だといわれています。
まず、大葉タカナは、家庭菜園の中でも育てやすい野菜として知られており、最近では、野菜そのものよりも、大葉タカナの種が販売されている事が多いそうです。
少しのスペースで育てられるというのが、大葉タカナの魅力だと言えるでしょう。
そして、大葉タカナには、βカロテンやビタミン群などが豊富に含まれている為、毎日少しずつ食べる事で、新陳代謝を良くして、若返りや、免疫力アップなどの効果が高いと言われています。
また、大葉タカナには、便秘解消効果もあるそうです。

大葉タカナの栄養と効能

大葉タカナには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
大葉タカナは、豊富なβカロテンを含んでいるため、免疫力を高める効果が強いと言われています。
免疫力が上がると、風邪の予防になるだけでなく、がん予防にもなるそうです。
そして、大葉タカナには、食物繊維が含まれているため、便秘解消にもオススメで、ごぼうやお芋など、食物繊維を多く含んでいる食材と合わせて摂取する事で、効果が倍増するそうです。
また、大葉タカナに含まれるビタミンKには、解毒作用があるため、生ものの薬味として使うと、食中毒の予防にもなると言えるでしょう。
大葉タカナは、葉もの野菜の中でも、沢山の栄養素がつまっている野菜です。

大葉タカナのカロリー

大葉タカナには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
大葉タカナは、100gあたり、21カロリーあると言われています。
葉もの野菜ですから、元々カロリーは高くありませんし、ダイエットにも効果的な食材だと言えるでしょう。
というのも、大葉タカナには、デトックス効果があるため、体に溜まった毒素を体外に排出してくれるのです。
その為、大葉タカナは、薬味以外の使い道として、デトックス野菜スープの具材として使うと、さらにデトックス効果が上がると言えるでしょう。
最近では、大葉タカナの家庭栽培用の種も販売されているので、そちらもチャレンジしてみるのがオススメです。

おいしい大葉タカナの見分け方

大葉タカナは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、大葉タカナには、緑の葉のものと、紫っぽい葉のものの2種類があります。
おいしい大葉タカナの葉は大きいくて、みずみずしく、色合いが鮮やかな物を選ぶと良いそうです。
また、一部虫食いがある場合には、その部分だけ切り取れば良いので、汚いと言うわけではありませんし、むしろ虫食いがある野菜の方が、おいしいと言えるでしょう。
ただ、大葉タカナは、購入時に新鮮な状態でも、長時間新聞紙にくるみっぱなしにすると、葉がしおれてしまうため、購入後は出来るだけ早く、冷蔵保存した方が良いと言われています。

大葉タカナの価格の目安

大葉タカナの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
大葉タカナの価格は、季節によっても異なりますが、夏の間は1束で150円ほどだと言われています。
しかし、時期を過ぎると、同じ量でも、値段が倍以上になる事がある為、どの時期に買うかどうかで、価格の目安も大きく異なるでしょう。
ただ、最近は、大葉タカナを家庭菜園で栽培する為の種も販売されており、これは1袋150円ほどが相場だと言われています。
家庭菜園で育てるには、手間もかかりますが、その分、無農薬で野菜を育てられたり、新鮮な状態で食卓に使えるというメリットがあると言えるでしょう。

大葉タカナの有名産地

大葉タカナの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
大葉タカナは、全国で育てられている野菜のひとつですが、特に和歌山県では、出荷量が多いと言われています。
和歌山県の郷土料理には、大葉タカナを使っためはりずしというメニューもありますし、大葉タカナを育てている家庭も多いと言えるでしょう。
そして、山形県でも、大葉タカナの栽培が盛んで、他のタカナと一緒に、畑で育てられる事がよくあるそうです。
ちなみに、大葉タカナは、元々温暖な地方で育てられる野菜でしたが、現在では、寒冷地や、一般の家庭菜園でも、栽培が盛んに行われていると言われています。

大葉タカナの種類

大葉タカナには、どんな種類があるのでしょうか。
大葉タカナは、大きく分けて、赤大葉タカナと青大葉タカナに別れます。
赤大葉タカナの葉には、緑色だけでなく、赤紫の色が混じっており、食べ物の薬味として添えるだけでも、色合いが鮮やかになると言われています。
そして、青大葉タカナは、葉の色が緑色のみで、特に味わいとしては変わりませんが、栄養素は赤大葉タカナの方が高いと言われています。
大葉タカナは、和歌山県などで栽培される事が多く、塩漬けにしたり、郷土料理である「めはりずし」にも使われているそうです。
さらに、現在では、家庭菜園用の大葉タカナの種も沢山販売されているので、自分で育ててみるのもオススメです。

大葉タカナの保存方法

大葉タカナは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
大葉タカナは、収穫後から、どんどん鮮度が落ちてくる葉もの野菜なので、購入したら早めに冷蔵庫に入れた方が良いと言われています。
八百屋さんで大葉タカナを購入すると、新聞紙で包んでくれるのですが、ずっと包んだまま常温にしておくと、葉っぱがしおれてしまうので、早めに冷蔵庫に入れた方が良いでしょう。
ただ、新鮮な大葉タカナの歯ごたえを楽しむなら、その日の内に食べきってしまう方が良く、遅くとも3日以内には、食べきった方がいいと言われています。
ちなみに、自宅菜園で育てた場合にも、調理する直前まで大葉タカナを収穫しない方が良いでしょう。

大葉タカナの食べ方

大葉タカナを食べる場合には、下ごしらえが必要なのでしょうか。
大葉タカナは見た目がほうれん草に似ている野菜で、アクも強い為、調理前に、一度湯通ししておいた方が良いと言われています。
特に、自宅で大葉タカナを栽培する場合の収穫時期は、8月~10月、または10月~5月で、漬け物にしたり、煮物に少し入れると味わいが異なるため、美味しいそうです。
また、おひたしにする場合には、かつおぶしと醤油だけでも、さっぱりしていますし、ポン酢やゴマダレを合わせるのもオススメです。
他の野菜と合わせるよりも、シンプルに大葉タカナの味を楽しんだ方が良いと言われています。

大葉タカナの簡単な定番レシピ

大葉タカナは、どんな風に調理すれば良いのでしょうか。
大葉タカナは、漬け物として食べられる事が多いのですが、新鮮な大葉タカナが手に入るなら、炒め物にするのもオススメです。
新鮮な大葉タカナは、歯ごたえも良いですから、さっと湯通ししてアクを取ってから、塩を揉みこんで、ごま油で炒めるだけでも、おいしく仕上がります。
ただ、少ししおれてしまっている場合には、浅漬けなど、漬け物として加工してしまった方が良いでしょう。
この場合にも、さっと湯通しをして、ジップロックに入れて、塩を揉みこみ、冷蔵庫で冷やしておけば、さっぱりと仕上がるので、出来るだけ手間をかけずに大葉タカナを食べたい方にオススメです。

大葉タカナの栽培

大葉タカナは、家庭菜園でも栽培出来るのでしょうか。
大葉タカナは、ネットやホームセンターなどで種が簡単に手に入り、家庭菜園でも、簡単に育てられると言われています。
大葉タカナの種まきは、寒冷地で7月、温暖地で8月中旬~10月中旬と言われており、温暖地の方が、収穫出来るまでの時間も短いと言えるでしょう。
ただ、大葉タカナは、株が大きくなると、その分寒さに弱くなるという性質があるため、気温が寒くなってきたら、トンネルをかけて、対策をする必要があるそうです。
また、小さいうちに間引きをすれば、その分、株が大きくなるため、芽が出て少ししたら、3分の1ほどに間引きした方が良いでしょう。