かぶ

かぶがわかる!その魅力とは

かぶの魅力とはなんでしょうか。
かぶの魅力は、様々な種類があるだけでなく、栄養素も高い事だと言われています。
まず、かぶには、大きく分けて赤いかぶと白いかぶがあり、形や大きさなどにも種類があります。
そして、種類によって、調理法も異なりますから、同じかぶといっても、沢山のバリエーションを楽しめると言われています。
そして、かぶに含まれるアミラーゼという成分は、胸やけや胃もたれの解消、予防に効果がある為、胃腸に優しい野菜である事も大きな魅力です。
最近では、かぶの調理法が分からず、かぶを食べない方も多いのですが、調理法を知れば、かぶの魅力がさらに広がると言われています。

かぶの栄養と効能

かぶには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
かぶは、カリウム、葉酸、βカロテン、ビタミンCなどを豊富に含んでいます。
カリウムは、高血圧予防、心筋梗塞予防、動脈硬化予防などに効果的で、塩分を体外に排出する効果もあります。
そして、葉酸は、貧血防止・解消効果があり、βカロテン、ビタミンCは、抗酸化作用があるため、疲れを取り、若々しくいられると言われています。
さらに、かぶには、アミラーゼという成分が含まれており、これは、胸やけや胃もたれを解消、予防する効果があるので、胃が疲れている時には、かぶの煮物などを食べると、調子が良くなると言えるでしょう。

かぶのカロリー

かぶには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
かぶは、100gあたり、20カロリーほどが含まれています。
皮をむいた状態でも、かぶのカロリーは、そこまで変わらないと言えるでしょう。
ただ、かぶは、水分が多く、栄養素も葉酸、ビタミンCなどが含まれているため、栄養素の面でも優れていると言えるでしょう。
また、かぶの葉っぱの部分も、塩ゆでして食べる事が出来ますから、かぶの価格がひとつ250円ほどしても、その価値はあると言われています。
ちなみに、かぶは、煮物やスープにした方が、溶け出したうま味まで、しっかりと摂取出来ると言えるでしょう。

かぶのおいしい見分け方

かぶのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
まず、かぶを見分ける上で大切なのが、重みです。
かぶの身がずっしりと重く、皮にもツヤがあるものを選んだ方が良いと言われています。
そして、おいしいかぶは、葉の部分にも栄養が行き渡っているため、葉全体が鮮やかな緑色をしています。
中には、葉っぱが虫に噛まれているものもあるのですが、基本的にかぶは、身の部分しか食べないので、あまり気にする必要はないでしょう。
ただ、かぶの身が乾燥していたり、皮にシワが寄っているものは、鮮度が低い証拠なので、出来るだけ避けた方が良いと言われています。

かぶの価格の目安

かぶの価格は、いくらぐらいが平均なのでしょうか。
これは、購入する場所や、かぶの種類によっても異なりますが、かぶは、1個250円~300円と、少し高めの食材だと言われています。
ただ、1キロ単位など、まとめ買いすると、オトクになる事が多いので、ネットでは、かぶを1キロで購入する方が多く、サイズが小さいかぶの場合には、いくつかをまとめて、他の大きなかぶと同じ値段にしている事があります。
また、料理によっては、かぶを2~3個使う物もありますから、その点では、1キロで購入しても、比較的使いきりやすい野菜だと言われています。
かぶの種類によって、調理法も異なるので、色々なかぶを試してみるのが良いでしょう。

かぶの有名産地

かぶの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
日本国内のかぶの産地として有名なのは、千葉県で、全体の33%を栽培しています。
千葉県では、いくつもの種類のかぶを栽培しており、特定のどの品種が有名という事はないようです。
また、千葉県の他にも、埼玉県や青森県などで、かぶの栽培が盛んで、北海道、京都府、山形県など、一部のかぶのみを栽培している県も多いと言えるでしょう。
そして、国際的に見ると、世界一のかぶの産地は中国で、他の国より圧倒的にかぶの輸出を行っています。
ちなみに、国内でも、中国産のかぶの方が、国内産のかぶより多いと言われています。

かぶの種類

かぶには、どんな種類があるのでしょうか。
かぶの種類は、沢山ありますが、色合いとしては、大きく分けて赤紫と白の2色です。
赤紫のかぶは、万木(ゆるぎ)かぶ、温海(あつみ)かぶ、津田かぶなどで、滋賀県、山形県、島根県などで栽培されており、かぶの甘酢漬けとして食べられる事が多いと言われています。
そして、白い蕪は、小かぶ、中かぶ、大かぶ、正護院かぶなどの種類があり、小さいものだと、5~6センチほどですが、大きなかぶになると、重さも2キロ~5キロになると言われています。
白い蕪は、ソテーや煮物として使われる事が多く、市場に出回っているかぶのほとんどが白いタイプのかぶだと言えるでしょう。

かぶの保存方法

かぶは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
普通の野菜は、購入後、野菜室で保存すれば良いのですが、かぶの場合には、葉っぱを付けた状態だと、保存している間に、身の水分が葉っぱに吸い取られてしまう為、購入後はすぐに身と葉っぱを切り分けましょう。
葉を食べる場合には、ラップでくるんで野菜室で保存してから、塩ゆでしてから食べると言う方法もありますが、切り分けてから2日ほどで調理した方が良いと言われています。
身の部分は、ポリ袋などに入れて野菜室で保存すれば、5日ほどは、鮮度を保てると言えるでしょう。
ちなみに、かぶは、煮物、漬け物、蒸し物、焼き物など、様々な調理法に応用が利きます。

かぶの食べ方

かぶは、下ごしらえをどんな風にするかで、おいしさが異なる野菜だと言われています。
かぶには、葉っぱと身がありますが、購入後は出来るだけ早く、葉っぱを切り離さないと、葉っぱに水分が取られてしまうと言われています。
しかし、切り離した葉っぱも、泥をキレイに洗い流して、塩ゆでしてからおひたしなどにすれば、食べられるので、ムダなク使う事が大切です。
また、かぶの身は、アクが少ないため、下茹での必要は無く、皮をむいてから、煮物の場合には厚めのぶつ切りに、マリネやサラダの場合には薄切りにするのが良いと言われています。
かぶも調理法さえ知っていれば、様々な料理に応用が利く便利な野菜なのです。

かぶの簡単な定番レシピ

かぶには、どんなレシピがあるのでしょうか。
かぶは、煮物、漬け物、焼き物など、様々なレシピに応用が利きます。
一般的にしたれているのは、かぶの甘酢漬けや、浅漬けなど、お漬け物として加工されている物ですが、かぶを野菜スープの具材にしても、おいしいですし、スープに溶け出す栄養分まで、食べられるのがポイントです。
また、かぶと小松菜を豚肉と一緒にオリーブオイルで炒めると、それだけでシャキシャキとした食感がおいしい炒め物になるので、即席料理としてもオススメです。
さらに、かぶを薄切りにしてから、きんぴらとして煮物にすると、ご飯との相性もよく、おいしいと言われています。

かぶの栽培

かぶは、家庭菜園でも栽培出来る野菜のひとつです。
種まきシーズンは、8月時下旬~10月上旬で、虫が少なくなってきた頃に行うと良いでしょう。
家庭菜園のプランターなら、子かぶという種類がオススメで、身は小さいのですが、その分、小さなスペースでもおいしく育ってくれると言われています。
種まきから1週間ほどで、発芽しますが、それぞれ生え揃ったら、となりのかぶと触れないように、3センチ間隔で間引きして行く必要があります。
また、早めに間引きする事で、それぞれに栄養が行き渡るため、おいしく育つと言われています。
そして、収穫は、10月~12月で、2回ほどに分けて収穫を行うのが良いそうです。