かいわれ菜

かいわれ菜がわかる!その魅力とは

かいわれ菜には、どんな魅力があるのでしょうか。
かいわれ菜は、薬味や、飾りとして使われる事が多い野菜なので、料理のレパートリーも限られてきますが、かいわれ菜には、食欲増進や消化促進をしてくれる効果がある為、料理に使う価値は高いと言われています。
かいわれ菜を添えるだけで、料理の色取りも華やかになりますし、そこまで味のクセも強くないので、お子様でも食べられるのは大きな魅力です。
そして、かいわれ菜には、鉄分も豊富に含まれているので、貧血予防にも、効果があると言われています。
もちろん、かなりの量を取らないと、実際の効果にはつながりにくいのですが、料理に入れるだけで、補足的な役割が出来る野菜だと言われています。

かいわれ菜の栄養と効能

かいわれ菜には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
かいわれ菜は、には、鉄分、カルシウム、カリウムなどが豊富に含まれています。
鉄分は、血液を作る成分なので、貧血予防にも効果的ですし、カルシウムは、骨を作る上で欠かせない栄養分です。
カリウムは、日常的に摂取する事で、高血糖、動脈硬化などの生活習慣病を予防する事が出来ますし、かいわれ菜に含まれるメラトニンという成分は、免疫力を高め、安眠を促進するという効果があります。
また、かいわれ菜の栄養素は、よく噛む事でさらに強くなる物も含まれている為、しっかりと噛んで食べる事が重要だと言われています。

かいわれ菜のカロリー

かいわれ菜には、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
かいわれ菜は、100gあたり、21カロリーが含まれています。
21カロリーというのは、野菜の一般的なカロリー数ですし、かいわれ菜自体、あまり沢山の量を食べる物ではないので、ダイエット中の方でも、問題ないと言えるでしょう。
また、かいわれ菜は、ビタミンKや、葉酸、ビタミンCが豊富に含まれているため、サラダや、飾り付けとして積極的に使う事で、健康効果も高まると言われています。
かいわれ菜は、他の食材と栄養バランスをとりながら食べる事で、さらに栄養の九州が良くなると言えるでしょう。

おいしいかいわれ菜の見分け方

かいわれ菜は、どんな風においしさを見分けられるのでしょうか。
スーパーなどで、かいわれ菜を購入する場合には、まず色合いを見る事が大切です。
おいしいかいわれ菜は、葉の色が濃い緑色をしていて、茎は白く、みずみずしい物が良いと言われています。
逆に、葉の緑がくすんでいる物や、茎が若干乾燥しているものは、痛みも速いので、購入を控えるか、すぐに使いきった方が良いでしょう。
そして、パックではなく、スポンジで育っているかいわれ菜の方が、鮮度が高くキープ出来るためオススメですが、これもキレイな水でないと、おいしいかいわれ菜を作るのが難しいと言われています。

かいわれ菜の価格の目安

かいわれ菜の価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
一般的なスーバーでのかいわれ菜の価格は、一パック60円ほどだと言われています。
かいわれ菜は、薬味として添えられる事が多く、栽培も簡単で、大量に出来るため、市販されているものでも、そこまで高くないと言えるでしょう。
ただ、最近では、かいわれ菜を自分で栽培する方も多い為、かいわれ菜の種も販売されています。
かいわれ菜の種は、一袋200円~250円ほどで、栽培になれている方なら、多少の手間はかかるものの、スーパーで、毎回かいわれ菜を買うよりも、お買い得に沢山の量を得られると言えるでしょう。

かいわれ菜の有名産地

かいわれ菜の産地では、どこが有名なのでしょうか。
かいわれ菜は、自宅でも作る事が出来ますが、主な産地としては、静岡県が有名だと言われています。
かいわれ菜は、水耕栽培で行われており、成長もとても早いため、無農薬で収穫出来ると言えるでしょう。
もちろん、最近では、自宅で育てる為の、かいわれ菜の種を販売している所が多く、かいわれ菜を植えたスポンジに水を上げていれば、すぐに成長するのが魅力だと言われています。
ただ、かいわれ菜は、市販の商品でも、そこまで高くないので、あまり時間がない方は、市販の物を購入した方が手間が少ないと言えるでしょう。

かいわれ菜の種類

かいわれ菜には、どんな種類があるのでしょうか。
かいわれ菜とは、元々、豆の種子を人工的に発芽させたスプラウト食材です。
実際に、かいわれ菜を自宅で育ててみるとよくわかるのですが、かいわれ菜は、スポンジを使った芽が伸びて行く食材で、主にモヤシや、ブロッコリースプラウトなど、様々な種類があると言われています。
かいわれ菜の一般的な名称である、かいわれ大根も、かいわれ菜が、大根の発芽直後の胚軸と子葉を指す為です。
ただ、かいわれ菜自体に、たくさんの種類があるわけではなく、あくまで種類は単一なので、種類によって、栽培の難易度が異なると言う事は少ないと言われています。

かいわれ菜の保存方法

かいわれ菜は、どうやって保存したら良いのでしょうか。
まず、スーパーで市販されているかいわれ菜は、傷みやすいため、使う直前まで、野菜室で保存した方が良いでしょう。
そして、かいわれ菜は、スポンジと一緒に販売されている事がほとんどですが、このスポンジに、水分を補給すると、さらに鮮度がよみがえってくると言われています。
また、自宅でかいわれ菜を育てる場合にも、調理するまで切らない方が良いそうです。
かいわれ菜を自宅で育てると、お安く沢山のかいわれ菜を栽培出来ますから、手間を惜しまない方には、オススメの方法だと言えるでしょう。

かいわれ菜の食べ方

かいわれ菜は、どんな風に食べられるのでしょうか。
購入したかいわれ菜は、基本的に下準備がほとんど必要ないのですが、かいわれ菜には、茶色い種の皮が間に挟まって、取れにくい事が多いと言われています。
かいわれ菜は、プラッチック容器に入って販売されている為、その容器に入れたまま、水を注いで振るような感じにすれば、ある程度、この茶色い皮も取れると言われています。
しかし、茶色い皮自体は、特に害があるものではないので、ボールなどに水を張ってジャブジャブと洗えば、問題ないでしょう。
中には、調理用はさみで、根元を切り離して根元だけ洗うという方もいるのですが、どこまでキレイにするかは、個人によって異なると言われています。

かいわれ菜の簡単な定番レシピ

かいわれ菜は、どんなレシピで食べるのが一般的なのでしょうか。
かいわれ菜は、少し辛味がある野菜なので、薬味として使われる事が多いと言われています。
お豆腐の上に少し添えたり、サラダの具材や、煮物、どんぶり物に添える方が多いと言えるでしょう。
かいわれ菜をメインにしたレシピは、少ないのですが、かいわれ菜を小さな束にして、豚バラ肉で焼いてから食べると、かいわれ菜の持っている辛さが引き立ち、おかずとしてもおいしく食べられると言われています。
薬味だけでは使いきれないかいわれ菜ですが、巻き物にすれば、どんどん消費出来るそうです。

かいわれ菜の栽培

かいわれ菜は、どうやって栽培すれば良いのでしょうか。
かいわれ菜は、スプラウト栽培で育てる事が出来ます。
その為、プラスチック容器、スポンジ、種があれば、すぐに始められると言われています。
栽培法は、容器の下にスポンジを敷いて、その上に種をまき、霧吹きなどで、水を与えます。
栽培は室内でも出来ますが、芽が5センチほど伸びたら、日当りの良い窓辺などに置いておくと良いでしょう。
かいわれ菜は、非常に成長が早く、種まき後、1週間~10日ほどで収穫出来るそうです。
ちなみに、日光が強すぎる場合には、芽がしおれてしまう事もあるので、注意した方が良いでしょう。