おかひじき

おかひじきがわかる!その魅力とは

おかひじきの魅力とは、なんでしょうか。
おかひじきの魅力は、自宅で栽培するのも簡単で、栄養素が高く、おつまみとしても、簡単に食べられる事だと言われています。
まず、おかひじきは、家庭菜園などでも育てやすい野菜のひとつなのですが、イマイチ、おかひじきを使ったレシピと言うのが、紹介されていません。
しかし、おかひじきには、βカロテン、ビタミンKなどが含まれているため、風邪、動脈硬化、がん予防だけでなく、疲労回復や貧血予防にも効果があると言えるでしょう。
また、おかひじきは、軽く、下ゆでして、醤油やゴマダレと和えたりするだけでも、お酒のおつまみになるのも、ひとつの魅力です。

おかひじきの栄養と効能

おかひじきには、どんな栄養があるのでしょうか。
おかひじきには、食物繊維、ビタミンK、βカロテンなどが含まれています。
食物繊維は、腸の具合を整えて、便秘を解消する効果があると言われており、ビタミンKは、がん予防、風邪予防にも、効果が高いと言えるでしょう。
また、おかひじきに含まれるカロチンは、免疫力を高める効果がある為、老化防止にもオススメで、特に、おかひじきを付け合わせとして、お肉や魚を合わせて食べると、ミネラルやビタミンの吸収が良くなると言われています。
さらに、おかひじきには、ほうれん草の3倍ほどのカルシウムが含まれているため、骨を強くする効能もあるそうです。

おかひじきのカロリー

おかひじきには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
おかひじきは、100gあたり、17カロリーが含まれています。
葉もの野菜の中では、平均的なカロリー数と言えますが、おかひじきは、おひたしでも、食べられる量が少なめなので、実際に口にしているおかひじきのカロリーは、さらに低いと言えるでしょう。
しかし、おかひじきには、がん予防、風邪予防などに効果があるビタミンKが豊富に含まれている為、とてもヘルシーな食材だと言われています。
もちろん、おかひじきのおひたしでも、ゴマ和えなどの場合には、カロリーが上がってしまいますが、美肌効果、貧血予防など、おかひじきから得られる栄養素は高いと言えるでしょう。

おいしいおかひじきの見分け方

おかひじきのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
おかひじきは、茎が分散して広がっている種類の野菜で、基本的に緑色が濃いものを選んだ方が良いと言われています。
おかひじきは、さっと茹でて、おひたしなどにされる事が多いのですが、この茎には、針のようにツンツンした部分もあるので、これも丁寧に取り除く必要があるでしょう。
また、茎が堅いおかひじきは、茹でても、シャキシャキ感がない事が多いので、出来るだけ、茎全体が柔らかいものを選んだ方が良いと言われています。
ちなみに、家庭菜園でおかひじきを育てる場合も、茎が柔らかいうちに収穫した方が良いでしょう。

おかひじきの価格の目安

おかひじきの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、購入先によっても異なりますが、おかひじきの価格は、100gほどで300円と言われています。
そもそも、おかひじきとは、水松菜と呼ばれる事もある野菜のひとつで、見た目が海藻のひじきに似ている事から、その名前が付けられているそうです。
おかひじきは、一般のスーパーでは、扱っていない事が多いのですが、居酒屋さんでは、おかひじきの和え物や、かき揚げなどを出している所もあるようです。
おかひじきの和え物は、1人前380円ほどなので、ちょっとしたおつまみにはちょうど良いと言われています。

おかひじきの有名産地

おかひじきの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
おかひじきの国内の産地は、山形県だと言われています。
もともと、おかひじきは、海岸の砂地に自生する植物のひとつで、最近では、自生している数も減っているのですが、山形県では、特におかひじきの栽培が盛んだと言えるでしょう。
また、山形県以外でも、長野県や千葉県で、おかひじきの栽培は行われており、主にハウス栽培で得られる事が多いと言われています。
ただ、最近では、栽培が比較的簡単なおかひじきを、家庭菜園で育てる方も増えてきているので、全国各地で栽培されている野菜だと言えるでしょう。

おかひじきの種類

おかひじきには、どんな種類があるのでしょうか。
おかひじきは、アカザ科、オカヒジキ属の野菜で、別名・水松菜とも呼ばれています。
しかし、おかひじきは、日本国内であまり有名ではないため、種類自体は、ほぼないと言えるでしょう。
ひじきという名前がついているのも、海藻のひじきに、多肉質の葉っぱが似ている事から来ており、直接的に、ひじきの種類ではありません。
おかひじきは、家庭菜園でも良く育てられている野菜なのですが、品種自体はとても少なく、国内で栽培されているおかひじきは、ほぼ同じ物だと言われています。
ちなみに、おかひじきは、朝鮮半島、南アジアでも、栽培されているそうです。

おかひじきの保存方法

おかひじきは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
おかひじきは、シャキシャキの歯触りがおいしい野菜なので、出来るだけ鮮度の高いうちに食べきるのが良いと言われています。
しかし、おかひじきを自分で栽培している場合や、量が多すぎる場合には、すぐに全てを食べるのが難しいので、最初にさっと茹でてから保存するのがオススメです。
茹でたおかひじきは、おひたしにしても良いですし、酢の物や、パスタのソースに入れてもおいしいと言われています。
ただ、おかひじきの中には、堅い茎も混じっている事があるので、これは、茹でる前に取り除いた方が良いでしょう。

おかひじきの食べ方

おかひじきを調理する時には、必要な下準備があるのでしょうか。
おかひじきには、トゲのような部分が含まれている事が多いので、おかひじき全体を洗ったら、トゲの部分を取り除く必要があります。
このトゲを取っておかないと、食べた時に、口の中が傷付いてしまう事があるため、注意しながら取った方が良いでしょう。
また、おかひじきの茎には、時々、とても堅い物が混じっているため、これも下準備の段階で取り除いた方がいいそうです。
その後、下ゆでして、おひたしなどにする事が多いおかひじきは、シャキシャキ感が重要な野菜なので、その点でも、下準備は重要だと言われています。

おかひじきの簡単な定番レシピ

おかひじきの定番レシピと言えば、何があるのでしょうか。
おかひじきを簡単に食べるなら、やはりおひたしがオススメです。
おかひじきは、生のまま保存すると、すぐに悪くなってしまいますから、収穫後は早めに調理してしまった方が良いのです。
おかひじきの堅い部分を取り除いてから、たっぷりの沸騰した水の中で、1分~1分半茹でて、水を切り、食べやすい大きさに切って、かつおぶしと醤油をかけたり、ゴマダレとあえてもおいしいと言われています。
和え物の方が、おかひじきの本来の味を楽しめますし、お酒のおつまみとしても、さっぱりとしているので、食べやすいと言えるでしょう。

おかひじきの栽培

おかひじきは、自宅でも栽培出来る野菜なのでしょうか。
答えは「出来ます」。
おかひじきは、日当りの良い場所であれば、簡単に栽培する事が出来、初めての方にも、育てやすい植物だと言われています。
おかひじきの種まきは、4月の中旬から5月の下旬までで、5月~7月にかけて、追肥をして行きます。
しかし、おかひじきは、育つのがとても速いため、4月の中旬に種まきをすれば、5月の中旬から収穫出来るケースもあるようです。
また、おかひじきの株間も10センチ~15センチと狭いため、小さなスペースでも、栽培を始められるのが、大きな魅力だと言えるでしょう。