エンダイブ

エンダイブがわかる!その魅力とは

エンダイブの魅力とはなんでしょうか。
エンダイブの魅力は、栄養素が豊富な事だと言われています。
このエンダイブには、高血圧、動脈硬化を予防し、ナトリウムを排泄する役割があるカリウムが豊富に含まれています。
そして、エンダイブの見た目は、レタスのようなのですが、その中には、骨を強くしたり、イライラを抑えるカルシウムが含まれているのも、エンダイブの魅力だと言えるでしょう。
ただ、エンダイブは、日本国内では、あまり食べられていない野菜なので、栄養素が高くても、手に入りにくいと言うのが難点だと言われており、その影響もあって、自宅菜園でエンダイブを育てる方も増えてきているそうです。

エンダイブの栄養と効能

エンダイブには、どんな栄養素があるのでしょうか。
エンダイブは、見た目がレタスにも似ている為、あまり沢山の栄養分がないようにも見えるのですが、カルシウム、カロチン、カリウムなどを豊富に含んでいる野菜です。
まず、カルシウムは骨を強くする効果がありますし、カロチンは、抗がん作用がある事でも知られています。
また、カロチンは、体内でビタミンAになるため、髪をキレイにしたり、視力の維持、皮膚の再生にも役立つと言えるでしょう。
そして、カリウムは、現代社会で深刻化している、脳梗塞、高血圧、動脈硬化などを予防する効果がある為、日常的に摂取する必要がある栄養素だと言われています。

エンダイブのカロリー

エンダイブには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
エンダイブには、100gあたり15カロリーほどが含まれています。
葉もの野菜のひとつですから、カロリー自体は低く、ダイエットにもオススメの食材だと言えるでしょう。
しかし、エンダイブには、カリウム、ビタミン群、葉酸、カルシウムなどが含まれているため、普通のレタスを食べるよりも、栄養素は高いと言われています。
もちろん、調理法によっても、カロリーは変わってきますが、エンダイブの場合には、少し苦みがあるので、サラダだけでなく、スープなどに入れてみるのもおいしいと言われています。

おいしいエンダイブの見分け方

エンダイブは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
エンダイブは、レタスに見た目が似ている野菜なので、おいしさも、レタスを選ぶような基準で良いと言われています。
まず、全体の発色が良く、みずみずしさを感じられるものは、鮮度が高くおいしいと言えるでしょう。
そして、エンダイブを購入する時には、切り口の部分もしっかりとチェックして、乾燥してカサカサになっていないかも、チェックした方が良いと言われています。
ものによっては、葉の一部が虫に噛まれている場合もありますが、虫に噛まれるほどおいしく育っているという事でもあるので、葉が変色していなければ、食べても大丈夫だと言えるでしょう。

エンダイブの価格の目安

エンダイブの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
エンダイブの価格は、一束500円ほどだと言われています。
スーパーなどによっては、一束300円で販売されている所もあるようですが、販売先自体が少ないと言えるでしょう。
日本国内では、あまり知られていない野菜ですが、エンダイブは、レタスに似ているキク科の野菜で、少し苦みのあるレタスのような味です。
ちなみに、エンダイブは、兵庫県、岡山県などで栽培されていますが、最近では、家庭菜園でエンダイブを育てる方も増えてきており、種の価格も、500円弱なので、気軽に栽培も始められる野菜だと言われています。

エンダイブの有名産地

エンダイブの産地はどこなのでしょうか。
エンダイブは、もともとヨーロッパ原産の野菜で、主にフランスやベルギーで栽培されている野菜です。
このエンダイブは、味がチコリーに似ている事もあり、現地の人ですら、チコリーと呼び間違えてしまう事もあるのですが、実際にはまったく別の野菜だと言えるでしょう。
また国内では、兵庫県、岡山県、静岡県などで、エンダイブは栽培されていますが、まだまだ野菜としての知名度が低いため、大手のスーパーなどでは、販売されていない事が多いと言われています。
ちなみに、最近では、エンダイブをネットで販売している農家の方も多いので、チェックしてみると良いでしょう。

エンダイブの保存方法

エンダイブは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
エンダイブは、葉もの野菜のひとつなので、あまり日持ちしないと言われています。
収穫後は、どんどん鮮度が落ちて行ってしまう野菜でもあるので、その点でも、収穫から3日以内には食べきった方が良いでしょう。
また、保存の際には、野菜室に入れておけば良いのですが、時間が経つと、どんどん葉がしおれてくるので、あまり冷やしすぎないよう、エンダイブに新聞紙を一枚巻いた方が良いと言われています。
ちなみに、エンダイブは、サラダ以外に、加熱料理して食べる事も出来るので、スープなどに入れるのもオススメです。

エンダイブの食べ方

エンダイブは、苦みがある野菜なので、人によっては、かなり食べにくく感じる事もあるそうです。
エンダイブの食べ方は、一般的に生食でサラダにする事が多いのですが、エンダイブだけのサラダだと、苦みが目立ち過ぎて、好みが別れると言えるでしょう。
その為、エンダイブをサラダにする時は、キノコを一緒に加えてマリネ風にしたり、生ハムを入れたりと、少し味の強い具材を入れる事で、苦みを感じにくくなると言われています。
また、パスタに和えるタイプのソースにすると、エンダイブの苦みが、ゴーヤの苦みのように引き立つので、大人の味わいになると言えるでしょう。

エンダイブの簡単な定番レシピ

エンダイブは、どんな風に調理するのが良いのでしょうか。
エンダイブは、レタスに似ている見た目で、少し苦みがあると言われています。
その為、エンダイブを食べやすい大きさに切って、サラダとして食べるのが定番だと言えるでしょう。
サラダは、シンプルにエンダイブだけでも良いのですが、エビやキノコ、豆腐とあえるのも、味わいが大きく変わるのでオススメです。
ただ、苦みが気になる場合には、スープに入れるだけで風味も少し変わりますし、堅い芯なども食べやすくなると言われています。
また、エンダイブをパスタのソースに使うのも、おいしいと言えるでしょう。

エンダイブの栽培

エンダイブは、自分でも栽培出来るのでしょうか。
エンダイブは、畑でも、プランターでも作れる野菜なので、家庭菜園にも比較的、向いていると言えるでしょう。
エンダイブの発芽は、20度前後なので、種まきは、3月初旬から8月下旬までに行えば良いと言われています。
植え付けは、25cm間隔と広めに取る事で、野菜が大きく育ちやすく、夏場は特に土を乾かさないように、沢山水をあげる事が大切です。
収穫時期は、早く種まきをした場合、5月から6月、遅く植えた場合には10月から11月までがちょうど良い時期だと言えるでしょう。
ちなみに、エンダイブは、種まきから2ヶ月ほどで収穫出来ると言われています。