アスパラガス

アスパラガスがわかる!その魅力とは

アスパラガスの魅力とは何でしょうか。
アスパラガスの魅力は、簡単な料理から、高級料理まで幅広い分野に使う事が出来、栄養分も豊富な事だと言われています。
まず、アスパラガスは、軽く茹でておひたしにしてもおいしいですし、グラタンや、スープの具材としても使われています。
アスパラガススープは、アスパラガスをペースト状にする必要がある為、一般家庭ではあまり作られないようですが、フランス料理などには、アスパラガスが使われる事が多いと言えるでしょう。
また、アスパラガスは、葉酸、亜鉛などが豊富に含まれている為、妊娠中、授乳中、生理中の女性は、特に沢山食べた方が良いと言われています。

アスパラガスの栄養と効能

アスパラガスには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
アスパラガスには、様々な栄養素がありますが、その中でも、特に有名なのが、アスパラギンと呼ばれる成分で、免疫力を強くし、がん予防にも効果があると言われています。
そして、アスパラガスは、タンパク質、ビタミン、ミネラルのバランスが、とてもよく、滋養強壮、体力回復、美肌にも効果があるそうです。
ただ、アスパラガスは、茹でる事で、水溶性のビタミンが解け出てしまうという作用があるので、下ゆでも時間を短くした方が良いでしょう。
ちなみに、アスパラガスの栄養分は、ホワイトよりもグリーンアスパラガスの方が高いと言われています。

アスパラガスのカロリー

アスパラガスのカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
アスパラガスというと、身が太く、カロリーも高そうに見えるのですが、100gあたり24カロリーとそこまで高くありません。
茹でたアスパラガスは、1本4カロリーほどと少ないですし、水分が多いため、ダイエットにも効果的だと言えるでしょう。
ただ、アスパラガスは、マヨネーズと合わせておひたしにする事も多く、その場合には、摂取カロリーもあがるので、注意した方が良いそうです。
ちなみに、アスパラガスには、ビタミンA、B、C、E、アントシアニンなどが豊富に含まれており、疲労回復や動脈硬化予防などにも効果が高く、特に紫色のアスパラガスの栄養素は、非常に高いと言われているので、オススメです。

おいしいアスパラガスの見分け方

アスパラガスのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
アスパラガスは、5月~6月がおいしい時期だと言われています。
その為、5月の下旬から6月中旬までが、比較的安価で、質の良いアスパラガスが販売されやすいと言えるでしょう。
おいしいアスパラガスは、根っこの切り口がみずみずしく、逆に悪い物は、変色していたり、乾燥している事が多いようです。
そして、アスパラガスの穂先も、キュッと閉まっている物の方が、質が良いとされており、曲がっている物、べと付いているものは、栄養分が十分に行き渡っていない為、あまりおいしくないと言われています。

アスパラガスの価格の目安

アスパラガスの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、購入する場所によっても異なりますが、一般的なアスパラガスの価格は、100g300円~400円だと言われています。
特に、北海道のアスパラガスは、実がしまっている分、味が良いと言われており、他の地域のアスパラガスと比べると、少し割高になっているそうです。
また、アスパラガスの時期は6月頃で、出荷出始めた時は、通常の価格よりも高くなっていると言えるでしょう。
ちなみに、国内産のアスパラガスよりも、輸入のアスパラガスの方が価格が安く、市場に出回っていると言われています。

アスパラガスの有名産地

アスパラガスの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
国内で作られているアスパラガスの産地としては、長野県が1番です。
その後に、北海道や佐賀県が続くのですが、基本的に気候が寒い土地の方が、身が太いアスパラガスが育ちやすいと言えるでしょう。
また、家庭菜園でも、アスパラガスを作る方が増えてきていますが、小さいサイズのアスパラガスは、すぐに出来ても、スーパーで販売されているような、大きなアスパラガスを作るのは難しいと言われています。
ちなみに、国内で栽培されている、アスパラガスのほとんどがグリーンアスパラガスで、ホワイトアスパラガスや、紫のアスパラガスは、輸入品が多いと言えるでしょう。

アスパラガスの種類

アスパラガスには、どんな種類があるのでしょうか。
アスパラガスは、グリーン、ホワイトの他に、紫色をした種類もあるのですが、日本国内では、グリーンとホワイトが食べられる事が多いようです。
一般的にグリーンアスパラガスは調理用、ホワイトアスパラガスは缶詰として販売されている事が多いのですが、それらは栽培法が異なるだけで、品種自体は、同じだと言えるでしょう。
また、紫色のアスパラガスは、生食もする事が出来ますし、ビタミンや、ポリフェノールの量が、グリーンアスパラガスの10倍も含まれているそうです。
国内では食べられる事が少なくても、紫のアスパラガスは、栄養素の面で注目されています。

アスパラガスの保存方法

アスパラガスの水分量は、収穫時から少しずつ減って行く為、早く食べきってしまうのが一番ですが、おいしく長く保存する為には、いくつかのポイントがあります。
まず、アスパラガスは、酸素に触れる時間が長いと、表面が酸化して、中の水分も飛んでしまう為、まずはラップで包んで、立てた状態で、冷蔵庫で保存します。
また、生のままだと、鮮度が落ちる事が多いため、その点でも、硬めに茹でてから、ラップして保存すると、鮮度もキープ出来ると言われています。
アスパラガスは、傷んでくると、先っぽが黒ずんで変色してきたりするので、あまりに購入時と色合いが変わってしまったものは、食べない方が良いでしょう。

アスパラガスの食べ方

アスパラガスにも、下準備が必要なのでしょうか。
まず、アスパラガスは、根元の皮が少し堅くなっているので、根元から3分の1あたりの皮をピーラーでむいておくと良いそうです。
また、アスパラガスは、横に寝かせて保存すると、すぐに悪くなってしまうので、冷蔵庫で保存する場合には、ラップに包んで、根っこの部分を下に立てかけて保存する必要があります。
その他に、調理前にしておく事はありませんが、すぐに全てのアスパラガスを食べきれない場合には、硬めにアスパラガスを茹でてから、ラップをして冷蔵庫で保存した方が、野菜が傷みにくくなると言えるでしょう。

アスパラガスの簡単な定番レシピ

アスパラガスを使った、簡単なレシピには、どんな種類があるのでしょうか。
アスパラガスは、5月~6月にかけて、おいしい時期になる野菜なので、組み合わせも春野菜などを合わせる事が多いと言われています。
例えば、アスパラガスとブロッコリーを一緒に煮込んだり、グラタンの具材にする家庭も多いようです。
本当にお手軽な料理で言えば、アスパラガスを茹でておひたしにする事ですが、お酒のおつまみなら、アスパラガスの周りに豚のバラ肉を巻いて、フライパンで焼き、塩こしょうで味付けした、アスパラガスの豚巻きもオススメです。
アスパラガスは、クセが強くない分、様々な料理に応用が利くと言われています。

アスパラガスの栽培

アスパラガスは、家庭でも育てられる野菜のひとつです。
アスパラガスの苗は、根っこがむき出しの状態で販売されているので、購入後は、出来るだけ早く土に植えてあげるのが良いと言われています。
また、アスパラガスの根っこは、1m~2mほどに成長する事が多いので、プランターではなく、地植えする必要があるでしょう。
また、アスパラガスは、栽培にそこまで手間がかからない野菜なのですが、発芽から収穫までは、温暖地で2年、寒冷地で3年かかると言われており、毎年アスパラガスを収穫出来るようになるまでは、8年ほどかかるそうです。
その為、アスパラガスは、長いスパンで栽培する野菜だと言えるでしょう。