アーティーチョーク

アーティーチョークがわかる!その魅力とは

アーティーチョークの魅力とは何でしょうか。
アーティーチョークの魅力は、味の良さだと言われています。
アーティーチョークは、つぼみの周りをそぎ落として、煮込み料理などにして食べるのですが、見た目は大きいものの、実際に実をそぎ落としてみると、食べられる部分が、かなり少ないそうです。
見た目も奇抜な野菜なので、初めての方にはオススメ出来ませんが、アーティーチョークの煮込み料理は、実がとても柔らかく、日本料理には無い独特の味が広がると言われています。
もちろん、食べ方自体が知られていない分、国内ではマイナーな野菜なのですが、調理法を覚えてしまえば、大ファンになってしまうのほどの魅力があると言えるでしょう。

アーティーチョークの栄養と効能

アーティーチョークには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
アーティーチョークには、カリウムが豊富に含まれていると言われています。
カリウムは、塩分であるナトリウムを体外に排泄する効果がある為、塩分過多で怒りやすい高血圧の予防に効果があると言われています。
また、アーティーチョークには、ミネラルが豊富に含まれている為、体の疲れを取ったり、滋養強壮にも有効だと言えるでしょう。
ただ、アーティーチョークは、食べられる部位自体が非常に少なく、見た目は大振りでも、9割は食べられない部分なので、あまり沢山の栄養素が含まれている野菜ではないようです。

アーティーチョークのカロリー

アーティーチョークには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
アーティーチョークは、100gあたり、48カロリーが含まれていると言われています。
アーティーチョークは、チョウセンアザミのつぼみの部分なので、栄養がつまっている分、カロリーも少し高めだと言えるでしょう。
そして、アーティーチョーク1つの重さも、80gほどなので、1つだけでも38カロリーほどがあるそうです。
しかし、アーティーチョークは、食べられる部分が本当に少ないため、実際に食べられる部分だけのカロリーでは、10カロリーも無いと言われています。

おいしいアーティーチョークの見分け方

アーティーチョークは、どんな風においしさを見分ける事が出来るのでしょうか。
国内でも、調理法がほとんど知られていないアーティーチョークは、実際に目にする事が少ないため、見分け方法も知らない方が多いと言われています。
アーティーチョークには、茎と野球ボール大のつぼみがあるのですが、このつぼみを支えるガクがふっくらとしていて、全体の色が、鮮やかな緑色をしているものを選びましょう。
また、アーティーチョークは、鮮度が高い方が、実が柔らかくおいしいため、茎の切り口がみずみずしく、乾燥していないものを選ぶのもオススメです。

アーティーチョークの価格の目安

アーティーチョークの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
アーティーチョークは、チョウセンアザミと呼ばれる野菜のひとつで、ヨーロッパでは、ポピュラーな野菜のひとつだと言われています。
見た目は、大きな花のつぼみのような緑の野菜で、つぼみの周りの部分をそいで、調理してから食べます。
ただ、アーティーチョークは、日本食にはまったく使われていませんし、一部でしか野菜の取扱も無い為、価格は高めだと言えるでしょう。
アーティーチョークの価格は、1個300円~500円程度だと言われていますが、フランス料理店などでは、コース料理でも5000円以上すると言われています。

アーティーチョークの有名産地

アーティーチョークの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
アーティーチョークの世界的な産地と言えば、イタリアです。
日本国内では、名前も、調理法も知られていないアーティーチョークですが、イタリア料理では、アーティーチョークを使ったレシピが多く、基本的に、全体の色が紫のパープル・アーティーチョークを使う事が多いようです。
アメリカでも、グリーン・アーティーチョークを栽培していますが、生産量で言うと、イタリアが一番だと言えるでしょう。
ちなみに、日本国内でも、アーティーチョークを生産している農家はあるのですが、調理法などが知られていない分、人気は低めだと言われています。

アーティーチョークの種類

アーティーチョークにも、種類があるのでしょうか。
アーティーチョークは、チョウセンアザミと呼ばれている植物の、つぼみの部分で、日本国内ではあまり知られていませんが、ヨーロッパでは、かなりメジャーな野菜だと言われています。
大きく分けて、アーティーチョークには、2種類があり、見た目の緑色が強いグリーン・アーティーチョークと、紫色が強いパープル・アーティーチョークがあります。
グリーンの方がアメリカ産、パープルの方がイタリア産と言われており、アーティーチョークの生産量・消費量では、イタリアが世界一だと言われています。
ただ、国内で購入出来るアーティーチョークのほとんどは、アメリカ産のグリーン・アーティーチョークだそうです。

アーティーチョークの保存方法

アーティーチョークは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
アーティーチョークは、野菜の中でも、短い日数ですぐに悪くなってしまうと言われています。
その為、アーティーチョークを購入する時は、出来るだけ、茎の切り口がみずみずしく、鮮度の良いものを選ぶ必要があります。
また、購入後は、ラップに包んで野菜室に入れておけば、3日ほどは持ちますが、早めに使いきる事が大切です。
すぐに食べきれない場合には、アーティーチョークをオイル漬けや、ピクルスなどの長期保存加工してしまった方が良いと言われています。
ちなみに、アーティーチョークは、食べられる部分が少ないので、一人暮らしでも、すぐに使いきれるそうです。

アーティーチョークの食べ方

アーティーチョークは、見た目が変わっており、日本ではマイナーな野菜なので、食べ方を知らない方が多いと言われています。
アーティーチョークは、チョウセンアザミのつぼみ部分で、つぼみの周りの部分を削ぎ取って、煮込み料理などで食べるのですが、食べられる部分は、全体の1割ほどしかないそうです。
その為、初めてアーティーチョークを食べようとすると、捨てる部分が多すぎて驚く方も多く、ひとつの料理でアーティーチョークを6~7個使う事もあると言われています。
ちなみに、アーティーチョークは、30分くらい茹でないと柔らかくならないので、調理時間には余裕を持った方が良いでしょう。

アーティーチョークの簡単な定番レシピ

アーティーチョークを使った簡単なレシピはあるのでしょうか。
アーティーチョークは、イタリア料理などでよく使われる野菜のひとつです。
このアーティーチョークは、つぼみの周りの部分しか食べられないため、量が必要なのですが、簡単なレシピで言えば、アーティーチョークを6個~7個、レモン半分、にんにく2かけ、エビ5~6尾、マヨネーズ100cc、オリーブオイル、イタリアンパセリ、バルサミコ酢適量を用意します。
マヨネーズ、バルサミコ酢、レモン汁を混ぜてソースを作っておき、つぼみの周りをそいだアーティーチョークとエビを茹でて、お皿に盛りつけ、ガーリックオイル、ソースをかければ、簡単なアーティーチョークサラダの出来上がりです。

アーティーチョークの栽培

アーティーチョークは、自宅で栽培する事も出来るのでしょうか。
アーティーチョークは、庭や花壇など、スペースのある場所では育てる事が出来ると言われています。
アーティーチョークは、日本名だと、チョウセンアザミという花のつぼみ部分を収穫した野菜の事で、観賞用の植物としても、とてもきれいだと言えるでしょう。
アーティーチョークの種まきは、3月~4月で、5月~6月は、豊富に肥料をあげ、6月~8月までは花が咲きます。
この幅が咲く前に、アーティーチョークが出来るのですが、一般家庭では、販売されているアーティーチョークのような、大きなつぼみが出来るまでに時間がかかると言われています。