ほうれん草

ほうれん草がわかる!その魅力とは

ほうれん草の魅力とは何でしょうか。
ほうれん草の魅力は、やはり高い栄養分を含んでいる事だと言われています。
青汁ドリンクの原料としても有名なほうれん草には、鉄分や、カルテン、ビタミンC、ビタミンB6などが豊富に含まれています。
その為、ほうれん草を日常的に摂取する事で、貧血予防、風邪予防、骨の形成などに効果があると言われています。
そして、ほうれん草は、スープや、おひたし、野菜ジュースなど、様々なレシピが紹介されているため、お弁当や、夕食、朝食のドリンクにと、沢山の調理方法を試しながら、日常的に食べられるのが大きな魅力だと言えるでしょう。

ほうれん草の栄養と効能

「ほうれん草は身体にいい野菜」として知られていますが、ほうれん草を食べると、実際にどんな効能を得られるのでしょうか。
まず、ほうれん草には、多くの鉄分、マグネシウム、葉酸、ビタミンC、亜鉛などが含まれています。
鉄分と葉酸は、血液を作り出す主要成分なので、貧血気味の方や、生理中の女性、妊婦の方にも多く摂取した方が良いと言われる成分です。
ご存知の通り、ビタミンCは、美肌を保つ上で重要ですし、疲労回復にも効果があると言われています。
もちろん、ほうれん草には、幅広い栄養成分が含まれているため、日常的にほうれん草を摂取する事で、がん予防、高血圧予防、風邪予防などに有効です。

ほうれん草のカロリー

ほうれん草には、どれくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ほうれん草は100gで20カロリーと少ない方だと言われています。
一般的に、ほうれん草は、束になって販売されていますが、一束は大体200gほどで、茹でると140gほどに減ってしまいます。
そして、ほうれん草には、豊富なビタミン群が含まれており、目や皮膚の健康を保つだけでなく、風邪予防や、美肌効果も高いと言われています。
特に、生活習慣病の予防には効果があると言われており、日常的に摂取するだけで、体を健康に貯めてると言えるでしょう。
ただ、ビタミンCは、熱で壊れやすい成分なので、煮物やスープなど、溶け出した栄養分も摂取出来調理法がオススメです。

おいしいほうれん草の見分け方

あなたは、いつもどんな基準でおいしいほうれん草を見分けていますか?
「袋買いだから葉っぱも触れないし、特にこだわっていない」「出来るだけ緑っぽいもの」など、人によって個人差があるかもしれませんが、一般には、おいしいほうれん草の見分け方を知っている方が少ないようです。
おいしいほうれん草は、「緑色が強いものがいい」と思っている方も多いのですが、実は、ほうれん草の葉っぱが赤みがかっているものの方が、真緑のほうれん草よりも栄養分が多いと言われています。
ただ、黄色みが強いほうれん草や、葉っぱが小さいほうれん草は、すでに悪くなっているか、発育が悪かったものが多いので、注意が必要です。

ほうれん草の価格の目安

健康的な野菜として知られている、ほうれん草。
ほうれん草と言えば、おひたしやスープ、青汁ドリンクまで、幅広い料理に使われていますが、このほうれん草の価格は、ここ数年で高騰していると言われています。
以前なら、一袋150円~170円ほどで購入出来たほうれん草ですが、最近のほうれん草の価格は、一袋230円~260円ほどが目安になるそうです。
最近では、ほうれん草自体が市場にあまり出回っていないが原因で、これくらいの値段になっていると言われています。
家族4人分となると、1袋から2袋は必要になるほうれん草ですから、少し高価な野菜だと言えるかもしれません。

ほうれん草の有名産地

ほうれん草の産地は、どこなのでしょうか。
元々、ほうれん草は、中東、ペルシャ原産の野菜ですが、現在では、日本全国で通年通して作られている野菜の1つです。
ほうれん草を育てるには、暖かい気候が合っているため、近畿地方や九州などでも盛んに収穫されていますが、基本的に、春蒔きと秋蒔きがあり、自宅でも育てる事が可能です。
もちろん、気温が比較的低い土地でも、種まきの季節を少しずらす事で、ほうれん草の栽培が可能で、東京近郊でも、ほうれん草が多く栽培されているそうです。
ほうれん草の出荷量は、ここ数年で減りつつありますが、自家栽培でも十分楽しめると言えるでしょう。

ほうれん草の種類

ほうれん草には、どんな種類があるのでしょうか。
元々、ほうれん草は西アジア、ペルシャ原産の野菜で、「ほうれん」という単語は中国語でペルシャを意味するのだそうです。
このほうれん草には、大きく分けて東洋種と西洋種があり、東洋種は開くが少なく、葉っぱの形も先が尖っています。
そして、西洋種のほうれん草は、東洋種よりもアクが強い分、葉っぱが分厚いので、炒め物などに向いていると言われています。
ただ、最近では、東洋種と西洋種の交配種が店頭に多く並んでおり、2種類のほうれん草がバランスよく整った交配種は、栄養分も優れていると言えるでしょう。

ほうれん草の保存方法

買ったばかりのほうれん草を袋入りのまま、冷蔵庫に入れている方はとても多いのですが、これは、ほうれん草のおいしさをキープする保存方法ではないと言われています。
ほうれん草を冷蔵庫で保存する場合には、軽く濡らした新聞紙にくるんでからボリ袋に入れるのが正しい保存方法で、出来れば、ほうれん草を立てた状態で野菜室に保管するのが良いそうです。
ただ、その日の内にほうれん草を食べきれない場合には、茹でで方保存する方が得策で、ほうれん草を茹ででから、タッパーに入れると、3日ほどは長持ちすると言われています。
ちなみに、ほうれん草を冷凍する場合にも、茹ででから冷凍した方がいいそうです。

ほうれん草の食べ方

ほうれん草にも、下準備が必要なのでしょうか。
ほうれん草は、葉物野菜のなかでも、アクが強い野菜なので、和え物、おひたし、スープなどに使う場合には、最初に下茹でをする必要があります。
ほうれん草は、良く洗って、土が残らないようにしてから、塩を入れたお湯で1分弱煮るのですが、煮る時間が長すぎると、ほうれん草に含まれるビタミンCが解け出てしまうので、あくまでさっと茹でる事が大切です。
また、ほうれん草は、冷蔵庫に長時間入れておくと、どんどん葉の鮮度が落ちて行くため、先にまとめて下茹でをしてから、タッパーなどで保存するのが多いと言われています。

ほうれん草の簡単な定番レシピ

ほうれん草の定番レシピとは、どんな料理でしょうか。
ほうれん草は、おひたしとして食べられる事が多いようです。
束で購入したほうれん草は、土がついている事が多いので良く洗い、大きな鍋に塩を入れて、そこで1分ほど煮て、水を切ります。
土がしっかりと落ちていないと、食べた時にジョリジョリとした食感が残るので注意しましょう。
また、ほうれん草は、鍋物にも良く使われており、しゃぶしゃぶの具材としても美味しいと言われています。
この場合には、水洗いしておけば、下ゆでする必要はないので、簡単に調理出来るという面ではオススメだと言えるでしょう。

ほうれん草の栽培

ほうれん草を栽培する場合には、ある程度の面積が必要です。
ほうれん草は、ひとつの株が占める面積が広いため、家庭菜園の場合でも、1、5メートル~2メートルくらいの畑があると、成長しやすいと言われています。
また、ほうれん草は、種まきから1週間ほどで発芽するのですが、葉っぱが5センチほどになったら、3センチから5センチの間隔で、間引きをする必要があるでしょう。
草丈が25センチ以上になれば、収穫は可能で、株ごとにまとめて引き抜くのが、収穫のコツだと言われています。
ちなみに、ほうれん草は、日差しが強すぎると、葉がしおれてしまう事もあるので、夏場は日陰を作る事も大切です。